小松実のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 23日(日)、「共謀罪」の学習会にぜひ!

<<   作成日時 : 2017/04/20 22:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

17.04.20


 今日は、「治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟」千葉市支部の役員会。日本共産党の中村きみえ市議の事務所をお借りしました。

 23日の第2回総会の準備や国会請願署名の推進など当面の活動について協議しました。

 「治安維持法」は、戦前・戦中、「国体の変革」(天皇制の否定)「私有財産制度を否認」(資本主義制度を否認)するいっさいの言論・思想・結社・運動を徹底的に弾圧した希代の悪法です。日本弁護士連合会も1993年の人権擁護大会の基本報告で「治安維持法による弾圧は、国民の思想、信条、信仰の自由に対する侵害及び言論、表現、結社の自由に対する抑圧であるばかりでなく、日本国民の全体をひたすら戦争に向かって進ましめる役割を担った。」「治安維持法犠牲者は、日本の軍国主義に抵抗し、戦争に反対した者として、その行為は高く評価しなければならない。」と述べました。逮捕者は数十万人におよび、小林多喜二をはじめ野蛮な拷問によって虐殺された者、拷問・虐待・病気などによる獄死者、出獄後の死者等々、多くの命が奪われました。
画像
 「治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟」というのは、それら先覚者たちの運動を顕彰し、国による謝罪と賠償を求めると同時に、ふたたび戦争と暗黒政治を許さないために活動している団体です。いま、安倍政権の下で、「特定秘密保護法」「戦争法」に続いて、「治安維持法」の現代版といわれる「共謀罪」が強行されようとしています。まさに「同盟」の出番の時ですし、いっそうの奮起が求められていると思います。

 昨年4月発足した千葉市支部は、支部長が当時30代の寺尾さとし県議、事務局次長が20代の吉田直義(まさよし)千葉市議という若い支部で、全国的にも大きな注目と期待を集めてきました。

 発足から1年。第2回の総会を開き、記念講演として土居太郎弁護士に「共謀罪」についてお話していただきます。23日、総会は午後1時から。記念講演は午後2時から。場所は、花見川区の花園自治会館です。ぜひ、一人でも多くの方にご参加いただきたいと思います。よろしくお願いします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
23日(日)、「共謀罪」の学習会にぜひ! 小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる