小松実のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 3000万署名の「経験交流と飛躍をめざすつどい」――「市民アクション花見川」

<<   作成日時 : 2018/02/12 18:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

18.02.12


 3000万筆をめざす「安倍9条改憲NO!全国統一署名」をなんとしても成功させようと、「市民アクション花見川」が、「経験交流と飛躍をめざすつどい」を開きました。区内各地、各分野から20数名が参加しました。
画像
   写真   司会をする市民ネットワークの宮田敬子さん
 市民ネットワーク花見川の宮田敬子さんの司会で開会。まず、発起人の一人、渡会久実弁護士が開会のあいさつ。続いて、「憲法共同センター」の学習用DVD(19分?)をみんなで視聴しました。9条に自衛隊が書き込まれたらどうなるのか。北朝鮮の脅威をどう解決すべきなのか。たいへんわかりやすい内容で、積極的に活用されるといいなと思いました。
画像
   写真   開会のあいさつをする渡会久実弁護士
 その後、私のほうから情勢報告として「私たちの運動と世論」「名護市長選挙の結果から」「発議阻止、国民投票で勝利するために」「『市民アクション花見川』のリーフの特徴と活用について」など、30分ほどお話をさせていただきました。
画像
   写真   報告をする小松実
 経験交流では、幕張、さつきが丘、西小中台・朝日が丘の各9条の会や新日本婦人の会、年金者組合、革新懇、医療関係者など、各地域・分野での取り組みが報告され、それぞれの奮闘ぶりが交流されました。
画像
   写真   経験交流で発言する幕張9条の会のTさん
 事務局長の相原史朗さんが、リーフレットの活用や街頭宣伝、学習会などについて報告。最後に、発起人でもある日本共産党の中村きみえ市議が閉会のあいさつを述べました。
画像
   写真   閉会のあいさつをする日本共産党中村きみえ市議
 全戸配布や地域ごとのローラー作戦など、今後早急に、具体化していきたいと思います。

 午後は、日本共産党の花園地域後援会(花園はすの会)の活動に合流。後援会ニュース読者のお宅を署名で回りました。私は、Sさんとともに浪花町を回りましたが、Sさんは、訪問するお宅の状況をほとんど掴んでいて、もちろん読者さんとは顔なじみになっていました。何度も何度も、その都度、さまざまな課題で訪問を繰り返して、そういうつながりを作ってきたようです。

 中には一人、「俺は、改憲に賛成なんだ」という人もいましたが、その人も「戦争が終わった時、7歳で、朝鮮半島にいた」とのことで、「戦争だけはしてはならない」というのです。しばらく対話して、「戦争反対では一致ですね。」と言って引き上げてきました。そういう人が、インターフォンでSさんが「日本共産党の後援会のものです。署名のお願いに伺いました。」というと、寒いなか、ちゃんと庭先まで出てきて対話をするんですから、たいしたものです。日本共産党の後援会に対する一定の信頼、リスペクトを持ってくれているようです。

 「しんぶん赤旗」の購読にまでは至りませんでしたが、それでも14筆の署名が集まりました。「寒いなか、たいへんですね。」「頑張ってくださいね。」「よろしくお願いしますね。」帰り際にかけてくれるひと言ひと言に力をいただきました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3000万署名の「経験交流と飛躍をめざすつどい」――「市民アクション花見川」 小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる