小松実のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本共産党南関東ブロックの「前進座公演観劇のつどい」

<<   作成日時 : 2018/05/14 00:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

18.05.13

 今日は、日本共産党南関東ブロック(神奈川・千葉・山梨)の「党と後援会の前進座公演観劇のつどい」。開会前には、国立劇場の入り口前に3県からのバスが続々と到着。ごった返していました。

 開演少し前に、3県の参議院の予定候補や県委員長さん、後援会長は、ごあいさつのために、導かれて舞台裏へ。国立劇場の舞台裏を初めて見ました。回り舞台ですから、確かに大きいけれど、それほど変わったところもないようでした。
画像

 やがてブザーが鳴って、舞台へ。今日は私が、後援会を代表してあいさつしなければなりません。神奈川県の後援会長が「文字通りのヒノキ舞台ですね。」などと言うので、少し緊張しました。事前に「1分。時間厳守」と言われていましたから、かなり圧縮してのごあいさつになりましたが、それでもみなさん、笑ってくれたり拍手や歓声をあげてくれたり、その一体感は格別でした。
画像
   写真   あいさつする小松実
 続いて、参議院比例代表のしいば寿幸さん、神奈川のあさか由香さん、千葉の浅野ふみ子さん、山梨県の代表の方が、それぞれごあいさつしました。
画像
   写真   あいさつするしいば寿幸さん
画像
   写真   あいさつする浅野ふみ子さん
 そして、いよいよ公演。河竹黙阿弥作の「人間万事金世中」(にんげんばんじかねのよのなか)です。金の亡者・逸見勢左衛門を演ずる藤川矢之輔さんや同じく金に目がない勢左衛門の娘おしなの玉浦有之祐さんの滑稽さ、主人公・林之助と結ばれるおくらの忠村臣弥さんの色気。大いに楽しませていただきました。
画像

 終演後、駆けつけた畑野君枝衆議院議員を先頭に、参議院の予定候補者のみなさんが出演者に花束を贈呈。畑野君枝議員があいさつをしました。こうした素晴らしい文化・芸術をもっともっと多くの人が安価に気軽に楽しめる、そんな国をめざしたいものです。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本共産党南関東ブロックの「前進座公演観劇のつどい」 小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる