アクセスカウンタ

小松実のひとりごと

プロフィール

ブログ名
小松実のひとりごと
ブログ紹介
日本共産党元千葉県議会議員 小松実




zoom RSS

木更津駐屯地へのオスプレイの暫定配備、絶対反対!

2019/05/25 20:59
19.05.25


画像 昨日、原田憲治防衛副大臣が、陸上自衛隊の垂直離着陸機X22オスプレイ17機を千葉県の木更津駐屯地に「暫定」配備したいと、同市の渡辺市長らに要請した。渡辺市長は「受け入れの可否を検討する」と述べ、市議会や市民への説明を求めたとのこと。(写真は、25日付「しんぶん赤旗」)

 すでに木更津駐屯地は、オスプレイの整備拠点となっており、この2月には試験飛行も行われた。整備拠点化の話が伝えられて以来、地元の「オスプレイ来るな、いらない住民の会」を中心に、粘り強い監視活動や抗議行動が取り組まれ、駐屯地近くの公園で整備拠点化に反対する超党派の県民集会も繰り返されてきた。整備拠点化だけでなく、佐賀空港への配備計画が進まない状況から木更津への配備が危惧され、もちろんそれに反対する声も当然のように沸き起こっていた。

 にもかかわらず、こうした県民の不安と抗議の声を踏みにじるように、整備拠点に加えて、「暫定」配備を押し付けようという動きは、断じて認められない。

 オスプレイが墜落等の重大事故を繰り返してきた欠陥機だというのは、周知のこと。加えて、その騒音のすさまじさは、私も沖縄で体験してきたが、他の軍用ヘリとは比べ物にならない。しかも、飛行にあたっての事前の「約束」などは、何一つ守られてはいない。
画像
   写真   普天間基地を飛び立って、周辺を飛行するオスプレイ。もちろん下は、住宅地。「約束」に反して、ローターはヘリモードのままだ。(2017年4月、嘉数高台から私が撮影したもの)
 オスプレイが配備されれば、当然のように、千葉県の空をオスプレイが飛び回るようになる。習志野基地や下総基地など、県内基地との連携のみならず、首都圏の基地との間をオスプレイが行き来することになれば、首都圏全体が、日常的に欠陥機の危険と騒音にさらされることになる。

 地元の「住民の会」を中心に、全県的な運動をただちに立ち上げ、急速に広げていかなければならない。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


千葉県日本共産党後援会の会議など

2019/05/24 20:41
19.05.24


 千葉県日本共産党後援会の代表委員会および行政区事務局長の会議が、昨日行われました。

 小松敦事務局長の司会で、まず、私が会長としてのごあいさつ。統一地方選の教訓として、選挙の担い手を増やすことが提起されたが、そのためにも、さまざまな規模での「つどい」を開き、党の路線や姿・政策について語り合う機会をつくろう、それが後援会としての大きな任務の一つになる。また、今度の参院選には、厳しさと可能性の両面があること。可能性の大きなひとつが、市民と野党の共闘の画期的な前進があるとして、1人区での野党統一候補や千葉県市民連合の動きを紹介しました。

 その後、日本共産党の第6回中央委員会総会について、浮揚幸裕千葉県委員長から説明をいただき、続いて、小松敦事務局長から日本共産党後援会全国連絡会の報告や提案がありました。
画像
   写真   報告する浮揚幸裕千葉県委員長(正面中央)
 若干の質疑の後、休憩を挟んで、矢澤英雄柏市議から、ニュースを中心とした地域後援会の取り組みについて、報告をしていただきました。信号機設置の署名運動、道路の振動対策など、毎号必ず地域要求と運動を取り上げていること。そのなかで、ニュースや党のチラシの配布、選挙の際の支持拡大など、いわゆる「担い手」も広がってきていることが生き生きと語られました。

 続いて、各行政区の代表から、それぞれ活動紹介の発言やそれへの質疑などがあり、終了は、予定時間を若干超えてしまいました。

 その後、私は新宿へ。学生時代のサークル仲間たちとの飲み会です。お互いの近況や健康の話、思い出話にあっという間に、時間が過ぎます。家にたどり着いたら、やっぱり日付が変わっていました。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


立憲野党の二人を参議院へ、千葉2区市民連合も

2019/05/22 21:56
19.05.22

 迫る参院選について、野党(日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党、社会保障を立て直す国民会議の5野党・会派)が32の1人区のうち、新たに8選挙区で統一候補を発表しました。これまでに合意済みの愛媛、熊本、沖縄と合わせ、11選挙区で一本化が実現しました。残る21の選挙区でも、概ね一致が見られているようで、今月中にすべての1人区の統一候補が発表されるものと思われます。

 加えて、複数区でも、市民と野党の共闘が発展し、立憲野党で多数を獲得しようという運動が進んでいます。定数3のわが千葉県もその一つ。

画像 先に、千葉県市民連合と立憲民主党の長浜博行氏、日本共産党の浅野ふみ子さん、両氏との間で、「安倍政権がすすめる改憲に反対、安保法制の廃止」「地産地消エネルギーで原発に依存しない社会を目指す。」「消費税10%の10月増税をやめ、法人税の応分の負担・富裕層の適切な課税を行う」など8項目の積極的内容を持つ政策協定が結ばれ、両氏との間で「推薦書」が取り交わされました。

 それを受け、千葉2区市民連合(八千代市・習志野市・千葉市花見川区)でも、6月1日に「千葉2区市民連合のつどい」を開催します。「許すな!憲法改悪市民連絡会」の事務局次長・菱山南帆子さんを迎えての講演会です。もちろん、立憲民主党の長浜博行氏(代理)と日本共産党の浅野ふみ子さんも出席し、あいさつします。2区市民連合としての行動提起と討論も予定しています。

 6月1日(土)、午後1時30分から、習志野市菊田公民館です。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

 さらに、千葉2区市民連合として、共同の街頭宣伝も企画しています。6月16日(日)11:00〜12:00、イトーヨーカドー幕張店前。6月22日(土)14:00〜15:00、東葉高速鉄道・八千代緑が丘駅。6月29日(土)10:30〜11:30、JR津田沼駅南口です。ぜひ、こちらへのご参加もよろしくお願いします。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


治安維持法の犠牲者・菱谷良一さんは語る

2019/05/21 19:34
19.05.21

 今日は激しい風雨のなか、千葉県革新懇の代表世話人会があり、出席しました。メーデーや憲法集会、そして18日に開かれた全国革新懇の総会の報告などがあり、情勢や活動の交流をしたのち、安倍改憲に反対する運動や参院選への対応、県版革新懇ニュースの内容や組織づくりの課題等について協議を行いました。

 参院選については、全国32の1人区の野党統一候補について、今月中にもそのすべてが発表されるとのことでした。また、複数区においても、千葉県のように立憲野党で多数を占めていくための市民と野党の共闘が進んでいることが報告されました。

画像 さて、昨日・一昨日の「しんぶん赤旗」に、15日に行われた治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の国会請願行動に参加した犠牲者の一人・菱谷良一さん(97歳)の記事が掲載されていました。

 19日付では、国会請願行動の全体集会の際の菱谷さんの発言が「一青年を“主義者”に仕立てた特高」「治安維持法犠牲者は語る 菱谷良一さん」との見出しで紹介されています。

 絵が好きで、旭川師範学校で美術部に籍を置いていた菱谷さん。「北海道綴方(つづりかた)教育連盟の事件、恩師の逮捕に関連して、昭和16年(1941年)9月20日に逮捕されました。寄宿舎で寝入りばなに、警察に土足で踏み込まれました。」民衆の生活をありのままに描く、いわゆる「生活図画」が、共産党の活動を利する運動だとされたのです。

 「特別高等警察(特高)刑事に取り調べられるのですが、もともと私は「主義者」ではない。共産党の友達もいない。そういう絵の好きな青年を、当時の特高は逮捕した以上は私を立派な主義者に仕立て上げるために偽りの自白を脅迫で作り上げました。それでもって私は起訴されました。」

 北海道の厳寒零下30度の独居房に閉じ込められ、凍死寸前までいったという菱谷さん。「ここ数年、共謀罪とか一連の取締法が出ている。政府は『一般の人には関係ない』と説明しています。治安維持法が国会で問題になった当時の政府も『一般人には関係ない』と言ってきました。それがどんどん拡大として、共産党の運動に陰ながら影響を与えたり、支えたりする(と、当局が判断しさえすれば=小松)ことも処罰する『目的遂行罪』を法律に加えました。」「私もその目的遂行罪で逮捕された。こんなことがまたあってはならない。」と訴えます。
画像
   写真   15日の国会請願行動で訴える菱谷良一さん
 また、20日付には「治安維持法の非道『北海道生活図画事件』」「無実の学生にも実刑・・・共謀罪つぶしてほしい」との見出しで、「自由と平和のための東京芸術大学有志の会」が毎月行っている「芸術と憲法を考える連続講座」(5/14)で証言した内容が紹介されていました。

 菱谷さん検挙の直接の理由は、本を挟んで会話する二人の学生を描いた「話し合う人々」と題する絵。これを「描かれている本はマルクスの資本論だ」と当局がでっち上げたのです。
画像

 2017年に成立した共謀罪について、菱谷さんは「治安維持法と同じ、衣を変えただけ。自分は治安維持法でイヤってほど痛めつけられ、生涯消えない傷を負った。法律ができた以上、市民の力でつぶしてほしい」と語っています。

 ドイツでもイタリアでも、アメリカでさえ、戦前・戦中の人権抑圧に対して、政府として謝罪し、賠償を行っています。「適法に制定されたもの」「謝罪及び実態調査の必要もない」と国会で答弁(17年6月衆院法務委員会、金田勝年法務大臣)して正当化しているのは、日本政府だけです。慰安婦問題、強制連行・強制労働の問題とも共通するものがあります。侵略と抑圧の歴史への反省がない政府には、それを繰り返す虞(おそれ)があります。同時に、国際社会からの真の信頼も寄せられることはないでしょう。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「安倍9条改憲NO!市民アクション花見川」が9の日行動

2019/05/20 18:33
19.05.20


 昨日19日は、「安倍9条改憲NO!市民アクション花見川」の「9の日行動」。スーパーマルエツ前の交差点付近に、日本共産党の中村きみえ市議をはじめ、6人が参集しました。

 これまであまり実施したことのない場所。多少の不安を抱えながら、まず事務局長の相原史朗さんがマイクを握りました。
画像

 信号待ちの人などに署名を呼びかけますが、関心はいま一つ。しかし、なかには、「安倍さん、ホントにひどいわよね。危ないわよね。家族の分も書いていいかしら?」と言いながら署名する人も。
画像

 続いて、中村きみえ市議も訴えます。ふだんやらない場所のせいか、二人ほど、署名用紙を何枚か持ち帰ってくれました。
画像

 交差点ということもあって、車や通行人に、パネルを示してアピールもしました。1時間で13筆。決して、多くはありませんが、諦めたほうが負けです。私も、「戦争する国づくり」に前のめりの改憲派への怒りを込めて、しかし、署名運動と世論がその野望にストップをかけているとマイクで訴えました。
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


反省と決意!花見川区日本共産党後援会の総会

2019/05/19 21:24
19.05.19

 花見川区日本共産党後援会の第24回総会が開かれました。Tさんの司会で、まずは議長選出。続いて、来賓のあいさつです。

 最初に、参議院千葉選挙区の浅野ふみ子さん。千葉県市民連合との間で、推薦協定を結んだこと、また、その政策の中身が、安倍政権の改憲に反対、安保法制の廃止、偽装と私物化の政治を許さないなど、きわめて積極的なものであることなどを紹介、何としても国会への決意を熱く語りました。
画像
   写真   あいさつする浅野ふみ子さん
 続いて、寺尾さとしさんや盛田まゆみ市議もあいさつ。寺尾さとしさんは、どこへ伺っても、残念だった、悔しいという声が聞かれると、選挙後の地域訪問の様子を語り、しかし、いただいた1万1千票余、20%を超える得票率は、県内でも突出したものであり、ここに確信をもって、次のたたかいに勝利しようと訴えました。中村きみえ市議は、千葉県自治体学校での海浜病院問題などの報告のため、出席できませんでした。
画像
   写真   あいさつする寺尾さとしさん
 志位和夫委員長などからのメッセージが読み上げられた後、私も千葉県後援会長ということで、指名されてご挨拶をしました。統一地方選の結果にショックを受け、徹底した総括なしには立ち上がれない気がしていたが、今は、統一地方選と参院選という一連のたたかいのさなかにあること、したがって、まずは必要な教訓を引き出して、それを力に参院選勝利に全力を尽くすことという志位和夫委員長の話を聞いて、なるほどと思った。教訓のひとつでもある担い手を広げて、勝利のためにがんばろうというような話をさせていただきました。
画像
   写真   あいさつする小松実
 休憩を挟んで、伊藤二悦会長から議案の提案が行われ、討議が行われました。前回選挙に比べて、やはり頑張りが足りなかったという率直な反省が語られると同時に、短時間の電話などでは、日本共産党そのものの魅力も政策も語り切れない、やはり集いを開いて語り合うことが大事と参院選への決意も語られました。
画像
   写真   議案の提案をする伊藤二悦後援会長

画像
   写真   討論の様子、発言する「花園・はすの会」のKさん
 最後に、Tさんの音頭でガンバローを三唱して閉会となりました。
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


治安維持法国賠同盟千葉市支部が第4回総会

2019/05/17 19:19
19.05.17


 治安維持法国賠同盟千葉市支部の第4回の総会が開かれました。統一地方選の関係で準備が遅れ、参加確認もしないまま当日を迎えましたが、17人が参加。議案や決算・予算案、次期役員体制を確認しました。

 総会はまず、昨年8月NHK教育テレビで放映された「自由はこうして奪われた〜10万人のきろくでたどる治安維持法の軌跡」の視聴から。1時間の番組ですが、治安維持法で囚われた被告たちの弁護にあたった弁護士らも、治安維持法の目的遂行罪によって逮捕投獄されたとの場面では、ため息とともに「めちゃくちゃだなぁ」との声も漏れました。
画像
   写真   DVDに見入る参加者
 休憩後の総会は、来賓のあいさつから。国賠同盟千葉県本部の中村日出丸事務局長、国民救援会千葉県本部の鷲尾清会長のお二方からご挨拶をいただきました。
画像
   写真   挨拶する国民救援会鷲尾清千葉県本部会長、右は、中村日出丸国賠同盟千葉県本部事務局長
 続いて、寺尾さとし支部長がご挨拶。6月、幕張メッセで開かれる武器見本市の話には「どこが主催するのか」との怒りの質問が飛び出しました。(イギリスの民間会社だとのこと)
画像
   写真   挨拶する寺尾さとし千葉市支部長、右は、司会を務めた佐々木ゆうき事務局次長
 その後、事務局長の私から、活動報告や19年度の活動方針を、会計担当のYさんから決算と予算案をそれぞれ提案。質疑・意見交換に入りました。
画像
   写真   報告する小松実
 まずは、千葉県出身の戦前の女性活動家・飯島喜美の評伝「女工哀史を超えた紡績女工―飯島喜美の不屈の青春」を書き上げ、いよいよ出版にまで漕ぎつけた玉川寛治さんから書籍の紹介や普及について、お話がありました。飯島喜美についての最初のまとまった書籍であり、同時に、国賠同盟千葉県本部が発行する最初の書籍です。大いに普及に努めたいと思います。ちなみに、私が「序にかえて」を書かせていただきました。
画像
   写真   著書について発言する玉川寛治さん(国賠同盟千葉県本部理事)
 質疑では、「改憲とのたたかいをもっと強調すべきでは」とか「活動費があまりにも少ないのは、おかしいのではないか」などの指摘があり、貴重な意見交換が行われました。

 最後に今期の役員に、新たにHさんやMさんに加わっていただくこと、その結果、顧問の加藤文三さんを含め、10人の役員体制でスタートすることが確認され、総会は無事終了しました。



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる