アクセスカウンタ

小松実のひとりごと

プロフィール

ブログ名
小松実のひとりごと
ブログ紹介
日本共産党元千葉県議会議員 小松実




zoom RSS

日本共産党千葉県後援会や治安維持法国賠同盟などの会議

2019/02/22 21:17
19.02.22


 昨日は、日本共産党千葉県後援会の、今日は、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟千葉県本部や日本共産党千葉県委員会での会議と、会議の連続でした。

 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の理事会では、中村日出丸事務局長から、この間の活動の報告があり、その後、議事に移りました。
画像

 まずは、組織拡大について。昨年末に当面の目標の400名会員を達成しましたが、続いて、6月に予定されている全国大会に向けて430名へ、との目標を確認しました。同時に、国に弾圧犠牲者への謝罪と賠償、犠牲の実態の調査を求める国会請願が、5月15日に行われますが、千葉県として8000を超える署名を、ということも確認しました。

 その他、理事会の合宿や全国大会の代表の確認、県本部大会を9月に開催すること等々を協議、決定しました。
画像

 他に、同盟と国民救援会が毎年共催で実施している「歴史探訪の旅」についても報告がありました。今年は、5月7〜8日、信州へ出かけ、安曇野のちひろ美術館や特養ホームあずみの里、貞享義民記念館を訪ねます。貞享義民記念館は、1687年に起きたいわゆる「貞享(加助)騒動」を記録する小さな記念館。松本市の施設ですが、入り口に「世界人権宣言」や「日本国憲法」のモニュメントを掲示していることでも有名です。費用は、バス料金、ホテル1泊2食込みで2万5千円とやや高めですが、快適な旅になることは間違いありません。定員は、50名。お早めにお申し込みください。
画像
 また、理事の一人、藤田廣登さんの著書「時代の証言者 伊藤千代子」の映画化がいよいよスタート。「2020年完成予定・全国公開!」のチラシも出来上がりました。伊藤千代子は、あの多喜二が小説に書いた「1928年3月15日」に逮捕され、激しい拷問にも負けずたたかいましたが、最愛の人の変節・裏切りや非人間的な刑務所での扱いに、ついには身体と精神を蝕まれることになりました。画像

 千代子がわずか24歳で亡くなったとき、歌人で恩師でもある土屋文明は、「こころざしつつたふれし少女(をとめ)よ 新しき光の中におきておもはむ」と歌い、そのあまりにも短かかった生涯を讃えました。映画の完成を楽しみに待ちたいと思います。


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


86年目の多喜二虐殺の日に思う

2019/02/20 18:48
19.02.20


 今日、2月20日は、あの小林多喜二が警視庁特高の中川成夫らの狂気の暴力・凄惨な拷問によって虐殺された日です。

 1933年、86年前の今日。党内に潜り込んでいたスパイ三船留吉の手引きによって、築地署特高に逮捕された多喜二は、数時間におよぶ拷問の末、運びこまれた築地署近くの前田医院で絶命したとされています。

画像 しかし、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟(中央本部常任理事・千葉県本部理事)の藤田廣登さんは、その著書「小林多喜二とその盟友たち」(学習の友社)のなかで、疑義を呈しています。築地署・特高らは、虐殺した多喜二の遺体を前田医院には運ばず、そのまま翌21日の午後まで放置していた可能性があるというのです。

 藤田さんはその根拠として、多喜二急逝の報で、文芸講演会を途中で切り上げて最も早く築地署に駆けつけたグループの一人、田邊耕一郎氏の目撃証言を挙げています。

 田邊耕一郎氏は、「小林が絶命したあとまる一日築地署の冷たい留置場入り口のところのたたきの上に、丸裸で仰向けにして転がされ、きたないドンゴロス(麻で織った粗布=小松)の布切れをかぶせて引き取り人がくるまで放ったらかされていたものと思われる。私が駆けつけたのは三時頃だったと思うが、その時はそうなっていたのだ。」と述べています。

 前田医院への搬送は、築地署内ですでに絶命していた事実を糊塗し、「心臓麻痺で死んだ」との警察発表に合わせるための偽装に過ぎなかったというのです。

 警視庁特高は、最初から多喜二の命を奪うつもりだったと藤田さんは指摘します。それを裏付ける江口渙の証言が紹介されています。その2月上旬、警視庁を訪れた江口氏に語った、特高・中川成夫の次の言葉です。

 「小林多喜二のやろう。もぐっていやがるくせに、あっちこっちの大雑誌に小説など書きやがって、いかにも警視庁をなめてるじゃないか。・・・・いいか。われわれは天皇陛下の警察官だ。・・・・おそれ多くも天皇陛下を否定するやつは逆賊だ。そんな逆賊はつかまえしだいぶち殺してもかまわないことになっているんだ。小林多喜二もつかまったら最後いのちはないものと覚悟していろと、君から伝えておいてくれ。このことだけは、やつがつかまらないうちからはっきりいっておくからな。いいか、連絡であのやろうにあったら忘れずに伝えてくれ」

 その言葉通り、中川ら特高は多喜二を虐殺しました。そのことに対し、未だに日本政府は、謝罪もしていなければ、調査もしていません。
画像
 今日の「しんぶん赤旗」には、文芸評論家の大田務さんの「小林多喜二の文学の新しさ」という一文が掲載されています。大田さんは、「安倍政権が改憲や戦前回帰の軍拡化に向かうとき、間違いなく多喜二文学の評価は、日々に新たになってくるはずである。」と指摘します。

 私たちは、こうした事実を決して忘れてはいけないし、風化させてはならないだろうと思います。とりわけ、安倍政権のファッショ的政治が横行する今、事実を掘り起こし、その責任を追及し続けることは、前の世代に対するだけでなく、あとに続く世代への重大な責任なのだろうと思います。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


千葉県革新懇の代表世話人会

2019/02/19 20:44
19.02.19

 今日は、千葉県革新懇の代表世話人会。

 到着が少し遅れたために、すでに柴田英二事務局長の報告が始まっていました。1月20.21日に開かれた全国の都道府県事務局長合宿・学習交流会の内容が中心ですが、革新懇の役割、組織づくりと同時に、参院選を控えて野党共闘の現局面や課題、各地の状況などが詳しく報告されました。

 参院選をめぐっては、なかなか私たちが願うような、立憲野党の「本気の共闘」がスタートしないもどかしさはありますが、3年前は、ようやく今日=2月19日に、各党間で、候補者を一本化して共闘することが確認されるという状況でしたから、それに比べれば、多少の前進はあるのかなと思いました。ただ、共闘の主導権をめざす動きや目先の党利党略を抑えて、各党に、安倍政治を打倒するための本気の共闘を進める立場に立ってもらうには、革新懇や市民連合を中心にしたさらに大きな市民運動が求められているのだろうと思います。

 「情勢や活動の交流」が行われた後、「協議事項」のなかで、千葉県革新懇として、統一地方選挙に向けての「アピール」を出すとの提起があり、若干の修正を経て、採択されました。

 「アピール(声明)」は、この間の市川市長選での共同候補の勝利、我孫子市長選での共闘の前進、そして4月21日投票の佐倉市長選挙での清田のり子さん=千葉9区市民連合共同代表・弁護士・千葉県革新懇推薦=のたたかいや、「千葉県市民連合」の参院選「千葉選挙区で自公を少数に追い込む」とした取り組みにふれるとともに、「千葉県革新懇は、統一地方選挙において市民と野党の共闘候補勝利と『3つの共同目標』を掲げる勢力の前進に全力を挙げます。」とし、「ここでの勝利は連続的に参議院選挙勝利に結びつきます。県内の革新懇に結集されるみなさんが、大激戦の選挙の勝利のために力を尽くされることを心から訴えます。」と結んでいます。

 ちなみに革新懇の「3つの共同目標」とは、@日本経済を国民本位に転換し、暮らしが豊かになる日本をめざします。A日本国憲法を生かし、自由と人権、民主主義が発展する日本をめざします。B日米安保条約をなくし、非核・非同盟・中立の平和な日本をめざします。というもの。

 地道な歩みが、しかし、一歩一歩情勢を動かしていきます。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


日本共産党が花見川区で街頭演説会

2019/02/17 20:21
19.02.17

 今日は、花見川区挙げての街頭演説会。参院千葉選挙区の浅野ふみ子さんをメイン弁士に、寺尾さとし県議、中村きみえ、もりた真弓両市議が訴えました。聴衆も徐々に膨れ上がって250人ほどになりました。
画像

 まずは、千葉健生病院院長の岡田朝志先生が、「良い医療は、よい政治から」と医療問題を、とりわけ市立海浜病院の存続と拡充を強く訴え、日本共産党と各予定候補をよろしくと応援の演説。
画像
   写真   訴える千葉健生病院の岡田朝志院長
 もりた真弓市議、中村きみえ市議が続きました。焦点は、やはり市立海浜病院の存続・拡充の問題。安倍政治に終止符を打つためにも、日本共産党への一層の支援をと訴えました。
画像
   写真   もりた真弓市議
画像
   写真   中村きみえ市議
 続いて、マイクを握った寺尾さとし県議は、野田の児童虐待問題に触れ、日本共産党県議団は、かねてから児童相談所の体制整備・強化を訴えてきたと強調。福祉や医療より巨大開発という税金の使い方のゆがみを告発し、その転換のためにもご支援をと訴えました。
画像
   写真   寺尾さとし県議
 最後に、参院千葉選挙区の浅野ふみ子さん。寺尾さとし県議や中村きみえ市議、盛田真弓市議の実績や人柄を紹介し、支援を訴えた後、安倍政権の深刻な行き詰まりの現状を告発します。消費税増税の根拠とされた賃金の上昇が、インチキだったことを、「不景気も統計一つで好景気」と、毎月勤労統計の不正を告発、増税の根拠は崩れたと指摘しました。
画像
   写真   訴える浅野ふみ子さん
 また、9条改憲や沖縄の新基地建設、原発という重要課題のすべてで、安倍政権が深刻な破綻に直面していることを指摘、安倍政権にサヨナラを突きつけるために市民と野党の本気の共闘の実現を強く訴えました。
画像

 最後は、県議・市議・浅野ふみ子さんが揃って両手を挙げて、聴衆の歓声にこたえました。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


日本共産党の県議団長・加藤英雄さんの事務所開き

2019/02/16 18:57
19.02.16


 柏市選出の日本共産党県議団長・加藤英雄さんの事務所開きがあり、要請を受け、参加してきました。

 だいぶ早めに家を出ましたが、案の定渋滞がひどく、開始時間ぎりぎりの到着になりました。豊四季団地の加藤事務所前には、すでに大勢の支持者のみなさんが詰めかけていました。
画像

 地元のひらの光一市会議員の司会で、まずは、地元の後援会をはじめ、加藤さんとつながりの深い労働組合の代表の方などが、何としても県議会へと温かい熱のこもったごあいさつをされました。
画像
   写真   加藤さんを何としてもと訴える地元の方
 続いて私が、前任の県議団長として、加藤さんをぜひ押し上げてほしい、いっせい地方選での日本共産党の前進が、市民と野党の共闘を確かなものにし、安倍政権に終止符を打つ力になると訴えをしました。

 加藤さんの県議会での活躍、とりわけ理詰めで迫る論戦の力量は、県当局幹部のみなさんや他党の議員が折り紙をつける確かなもの。地元の柏市のみなさんにとっても、日本共産党にとっても、千葉の県政にとっても、なくてはならない人。ぜひみなさんの奮闘で、引き続き県議会へと訴えました。
画像
   写真   訴える小松実
 続いて、参議院千葉選挙区の浅野ふみ子さんがごあいさつ。いっせい地方選挙で必ず加藤さんを県議会へ送っていただき、その勢いで、引き続く参院選で必ず勝利し、安倍自公政権を退場させよう、そしてその後の柏市議選でも立派な成果を、と訴えました。
画像
   写真   参議院千葉選挙区の浅野ふみ子さん
 続いてマイクを握った加藤英雄さんは、野田市で起こった児童虐待問題に詳しく触れ、12月の県議会で児童相談所が少なすぎること、しかも、人員を含めたその体制が極めてお粗末なことを指摘し、充実を訴えたばかりだったことを報告。
画像
   写真   決意を語る加藤英雄県議団長
 財政力全国4位の千葉県が、児童福祉費全国45位、老人福祉費47位など、暮らしと福祉に冷たい県政になっていることを告発。一方、日本共産党県議団が、8年前から取り上げてきた県立高校へのエアコンの設置が実現したこと、初めて予算の組み換え提案を行ったことなど、実績も紹介し、引き続き県議会へ送っていただき、日本共産党の8議席実現をと訴えました。

 加藤さんへの花束贈呈が行なわれた後、選対長を務めるわたべ和子市議が、約300人の参加者のみなさんに支持拡大などの具体的行動を提起し、閉会。加藤県議は、ただちに宣伝カーで遊説に出発しました。
画像
   写真   行動提起する選対長のわたべ和子市会議員
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「千葉2区市民連合」の世話人会

2019/02/14 19:07
19.02.14

 今日は、「千葉2区市民連合」の世話人会議があり、参加してきました。

 まず、事務局長の佐藤勉さんから、「千葉県市民連合」の運営委員会や各党との懇談など、この間の経過報告がありました。

 各地域からの報告では、3000万署名の取り組みを中心に発言がありました。習志野・八千代・花見川区合わせて、およそ2万8000余筆というところでしょうか。
画像

 「千葉2区市民連合」では、すでに立憲野党との懇談を進めてきていますが、「千葉県市民連合」でも、取り組みが始まっています。すでに、2月10日には国民民主党と、今日14日は自由党と、さらに今後は、20日に日本共産党、23日に緑の党、25日に立憲民主党。社民党や新社会党などにも呼びかけているところです。

 懇談にあたっては、「2019年参議院議員選挙における千葉県市民連合から立憲野党に対する政策に関する要望」を示しつつ、共通する政策の共有や千葉選挙区(定数3)で自公勢力を少数に追い込むための共同を強めたいと呼びかけています。

 「政策に関する要望」では、「柱となる基本政策」として、
1.安倍政権が進めようとしている憲法「改正」とりわけ「第9条への自衛隊明記」「緊急事態条項の新設」に反対すること。
2.安倍内閣の強行した安保法制・特定秘密保護法・共謀罪を廃止すること。
3.原発ゼロ基本法案を早期に法制化すること。東海第二原発を廃炉とすること。
4.沖縄県民の民意を尊重し、辺野古新基地建設を中止し、工事の強行をやめること。
5.消費税の10%への増税を中止すること。法人税・富裕層への課税強化を図ること。6.武器の爆買い、不要不急の公共事業をやめ、子育て、教育、社会保障に関わる諸制度を飛躍的に拡充すること。
7.過密労働の解消、最低賃金を1500円に、派遣・非正規雇用の均等待遇など人間らしい働き方を実現する。
8.豪雨・地震・高波など防災・減災対策を抜本的に強化すること。
9.地方の農漁業・自然エネルギーなど基幹産業の育成、生活できる公共交通の整備など地域活性化をすすめること。
10.男女平等、多様性の尊重、生活権など憲法に保障された人権を実現すること。
を示しています。

 「2区市民連合」としても、引き続き未だ実現していない国民民主党、自由党などとの懇談を追求することが確認されました。

 さらに、「千葉県市民連合」では、5月11日(土)午後6地から、千葉市民会館小ホールにおいて、立憲野党との懇談を予定しています。それらの動きをにらみながら、「2区市民連合」として、千葉選挙区で自公勢力を少数に追い込むための決起集会的なものを開いていくことも確認されました。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


太陽光発電が原子力を超えている

2019/02/13 21:40
19.02.13


 isep(環境エネルギー政策研究所)が、2018年の年間電力データを公表しました。

 このデータは、送配電網に流れた電力のデータなので、太陽光の自家消費分や企業の自家消費分は、含まれていないとのこと。
画像

 これによれば、自然エネルギーの全発電量に占める割合は、16.5%で、前年度より1.5ポイント上昇しています。

太陽光発電のシェアは、6.4%で、原子力の5.4%を上回っています。

安倍首相のトップセールスがすべて破綻した原発輸出。コストの増大で商売にもならないことがはっきりしました。もういい加減に、目を覚ますべきです。自然エネルギーへの抜本的転換を図るべきです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる