コーヒーハウスで日本共産党の「提言」懇談会

12.04.28


 さつきが丘のコーヒーハウス「かなざわ」を会場に、日本共産党の提言「消費税増税ストップ!社会保障充実、財政危機打開へ」の懇談会が開かれました。地元の日本共産党さつきが丘支部の主催です。

 午後5時で営業を打ち切って、会場を提供いただいたうえ、わずかな会費でおいしいコーヒーとケーキまで提供していただいた「かなざわ」には、心から感謝したいと思います。会場は、17人の方々の参加で、カウンター席を除いてほぼ満席でした。中には、コーヒーを飲みに来て、そのまま懇談会に参加していった「かなざわ」の常連さんもいました。ありがとうございました。

 懇談会は、まず私から約1時間にわたって、日本共産党の「提言」について、お話させていただきました。その後、質疑となりましたが、「かなざわ」の常連さんやこうした懇談会は初めてという方を中心に、活発に意見や質問が出されました。
画像

 「大きな商社は、連結納税制度でほとんど税金を納めていないのではないか。業種ごとに、どれだけ利益をあげて、どれだけ税金を納めているのか。データを明らかにしてほしい。」「巨大メディアの現状では、なかなか庶民の声が反映されない。共産党がいくらがんばっても、「提言」の実現はなかなか難しいのではないか」「小選挙区制が政治を劣化させているが、選挙制度は変えられるのか」などなど、予定の時間を超えての熱心で中身のある懇談になりました。

 参加された方のなかで、しんぶん赤旗の日刊紙を購読してくれるという方も出て、ちょっと素敵な懇談会になりました。

この記事へのコメント