17万人が結集した「さよなら原発10万人集会」

12.07.16



 今日は「さようなら原発10万人集会」に、妻と一緒に参加してきました。早めに家を出て、地下鉄で、代々木公園駅へ。車内は、すでに集会参加者らしき人たちで、いっぱいでした。

 駅を上がると、左手が代々木公園ですが、会場に入るまでが大渋滞です。仕方なく、一本公園を遠ざかった路地へ迂回。そこも人でいっぱい。わずかな距離を30分近くを要して、なんとか会場へ入りました。
画像
    写真    第一ステージの会場に入りきれない人・人・人
 とても、第一ステージが設置されている会場には入れそうもありません。それでも人波をかき分けかき分け、なんとか近づいてみました。呼びかけ人の挨拶が始まっていました。坂本龍一さん、鎌田慧さん、内橋克人さん、大江健三郎さん、落合恵子さん、澤地久恵さん、そして瀬戸内寂聴さん。空には、何機ものヘリコプターが旋回して取材です。
画像
    写真    第一ステージ会場内もあふれんばかりの人・人・人
 落合恵子さんは、「今日は、すごい人で10万人を超えている。明日の警察発表が楽しみだ。また1万5千人と書くのでしょうか。」と、巨大マスコミに痛烈な皮肉を浴びせ「戦うことを人間の誇りにしよう!」と、訴えました。
画像
    写真    呼びかけ人のひとりとして挨拶する瀬戸内寂聴さん
 その後の主催者の発表で、参加者は10万人を大きく超えて、17万人ということでした。そしてやっぱり、警察発表は、7万5千人とのこと。いったい警察は、どこを見ているのでしょう。

 首都圏反原発連合の第二ステージ(野外音楽堂)や大型宣伝カーを舞台にした第三、第四のステージでも、さまざまな企画で集会が催されていて、行ってみたいと思いましたが、とてもそんな余裕はありません。

 1:30には、早くもパレードが出発し始めたようです。しかし、千葉県の人々が集まっている場所に動きはありません。ようやく動き始めたと思ってから、会場を出るまでがまたたいへん。時計を見たら、4:30になっていました。千葉のあとにはまだ、埼玉、神奈川などの大集団が控えていました。

 パレードも三つのコースに分かれて行われました。私たちは、新宿コースということでしたが、パレードも遅々として進まず、終着点の新宿中央公園についたときには、6時を回っていました。
画像

 同じ千葉県からの参加者でも、行き会うことが難しいような大集会なのに、ばったりと大学時代の同じサークルの同級生夫妻に出会いました。突然、目の前に二人が現れたという感じの出会いです。もちろん、2メートルも離れていれば気づくことは無理だったでしょう。やあやあ、ということになって、二人とも、ずいぶん長いこと待って、千葉県の隊列に入って一緒に歩きました。こんなこともあるんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

人生航路
2012年07月17日 07:43
さよなら原発10万人集会参加、お疲れ様でした♪(私も転居準備が無ければ参加したかった(T_T)参加者は17万人と!警察発表数が何時も極端に少ないのは「政治判断」でしょう。私が参加した集会デモで一番人数が多かったのは、1966年(だったと)大阪城公園の5万人集会、実際の参加者は6万5千人。それから考えると17万人は凄い!署名も700万筆突破とか。これは労組とか政党の動員ではなく、まさしく民の声ですね野田総理は毎週金曜日の首相官邸前のデモについて「声は聞こえている」と。しかし、声は聞こえていても、国民多数の思いは理解していないんじゃないかな?それとも、財界の声を聞いてそれに従うのが政権延命の唯一の道だと思ってるんですかね。
小松実
2012年07月20日 10:06
人生航路さん、いつもありがとうございます。またまた、お返事が遅れて申し訳ありません。10万人集会、本当にすごかったですよ。「新しい社会の動き」「国民の変化」を痛感しました。同時に、自身の体力の衰えも痛感させられましたけど。とにかく、日本共産党の「綱領」に示す「財界言いなり、アメリカ言いなり政治からの転換」が、多くの国民のものになりつつあることを実感しています。