健生病院・友の会の納涼大会

12.07.20



 千葉健生病院・健康友の会などによる恒例の納涼大会があり、顔を出しました。納涼大会というのが、皮肉に聞こえるくらいの涼しい陽気でした。

 会場の旧健生病院前の公園は、中央に櫓が組まれ、周囲には、看護師さんをはじめ病院関係者や友の会のみなさんなどによる模擬店のテントが並んでいました。
画像

 まずはテントを覘いて歩きました。いつもお世話になっている民主商工会のテントがありました。ここを素通りできません。メニューの中から、鶏のから揚げを買いました。1個サービスをしてくれました。

 それをいただきながら、次のテントでは、おいしそうな玉こんにゃく。病院の栄養科の皆さんのテントでは、炊き込みご飯も買いました。そして、中村きみえ市会議員のお店にも立ち寄りました。

 中村きみえ市議は、これも恒例の籤引きのお店を営業中。テント前は、子どもたちでごった返しています。みると、中村議員のご実家のお父さん・お母さんも手伝っています。さらに近づくと、中村議員の長男・長女のお二人も手伝っています。家族三代総出です。話もできないほどの慌ただしさ。中村議員の頭には、商品の一つでしょうか、大きなリボンの電飾が・・・。笑ってしまいました。
画像
   写真    子供たちを相手にすっかり看板娘になっている中村きみえ市議
 招待者席に立ち寄って、お茶やおにぎり、てんぷらなどの接待を受けました。食べていると、「先生、頑張ってください。」と、頭に白いものが混じった中年の男性が近づいてきました。「あー、ありがとうございます。」と言うと、「私、先生に国語と社会科を教わりました」と言います。なんと、幕張中学校の教え子でした。新任の年、1年間だけですが、「免許外教科担任」で、1年生の社会科も担当しました。40年前のことです。「いつも、先生に入れてきましたよ。頑張ってください。」握手をして別れました。ありがたいものです。会場を歩いているときに、こちらは教員生活最後の勤務校、小中台中学校の時の教え子のお母さんに声をかけられました。お孫さんを連れています。「○○ちゃんの子ですか?」と聞くと「いえ、その妹の子です。」とのこと。こちらは29年前のお付き合いです。ありがたいことです。

 最後にもう一度、中村きみえ市議ご一族のテントに立ち寄り、あいさつして会場を後にしました。
(明日から、自治体学校です。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント