「千葉県地域防災計画・修正案」で、「千葉県防災会議」

12.07.30



 今日、県の防災計画課から「千葉県防災会議」を来月6日に開き、「千葉県防災計画、修正案」について協議する旨の連絡がありました。「修正案」は、防災会議の協議を受けて、その後、決定されることになります。

 「修正案」は、「地域防災力の向上」「津波対策の強化・推進」「液状化対策の推進」「災害時要援護者等の対策の推進」「帰宅困難者等対策の推進」「放射性物質事故対策計画の見直し」など、8つの重点項目を掲げています。

 この間、6月定例県議会の総務・防災常任委員会でも、第二編「地震・津波編」について、液状化等の「地下地質構造の調査」について、コンビナート地域も対象とするよう、また、防災施設等の耐震改修・補強を書き込むよう、求めたりしてきました。

 また、第四編「大規模事故編」については、横須賀の原子力艦船の事故への対応を求めるとともに、3.11の大震災時に、コスモ石油の隣接事業所であるチッソ石油化学の劣化ウラン保管倉庫が焼け落ちていた問題で、「放射性物質事故の発生のおそれが生じ」ていたにもかかわらず、事業所からは「防災計画」に規定されている「通報」がなかった問題を指摘したりしてきました。

 「修正案」は、それなりに東日本大震災の教訓を踏まえてはいるものの、しかし、やはり応急的・復旧的対策に偏重しており、そもそも被害を最小限に抑えるための「予防的防災」=災害発生を予防・抑制するための事前対策への重点の転換が必要です。土地利用計画をはじめ、重要施設の立地、液状化対策や重要施設の耐震化と防災機能の充実等、部局横断的にすべての施策の根本に防災の視点を入れていかなければなりません。そして何より「自分の命は自分で守れ」式の「自助・共助」の思想から脱却して、とにもかくにも「住民の生命・身体・財産を災害から守る」責務を行政が明確に自覚しなければなりません。

 日本共産党としても、随時、提案し続けていきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント