「千葉県自治体問題研究所」が40周年と「白書」発刊レセプション

12.10.15



 一昨日の土曜日、「千葉県自治体問題研究所」の創立40周年と「千葉県民暮らしの白書」(第10版)発刊の記念レセプションがあり、参加しました。

 先ごろ、「憲法がいきる明るい千葉県をつくる会」から、来春の知事選への立候補を表明された三輪定宣千葉大名誉教授も、研究所の第二代理事長として参加されていました。
画像
   写真    挨拶する田口正巳理事長。右は、第二代会長の三輪定宣千葉大名誉教授。
 最初に、研究所理事長の田口正己立正大学名誉教授があいさつ。続いて、副理事長の長平弘自治労連県本部委員長が、研究所40年の歩みについて、用意された略年表などをもとに報告しました。さらに、事務局長の鈴木正彦元県職労委員長が、「白書」の概略について、A4版117ページの「白書」を追いながら説明しました。
画像
    写真    「白書」の概略を解説する鈴木雅彦事務局長(奥)と参加者
 「白書」には、自然エネルギー問題をはじめ、いたるところに私たち日本共産党県議団の論戦や奮闘が反映されていて、うれしく思いました。
 

 さて、今朝、袖ケ浦市の篠崎典之市議からメールが入りました。昨日投票の袖ケ浦市議選で、日本共産党の篠崎典之、砺波久子両候補ともそろって当選の由。うれしいニュースです。おめでとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント