今年もメッセで「千葉県私学振興大会」

12.10.06



 恒例になった千葉県私立中学高等学校協会などが主催する「千葉県私学振興大会」が今日、幕張メッセ国際会議場で開かれ、参加しました。

 主催者を代表して大羽克弘同協会会長があいさつ。公私間格差や私学助成の現状など、私学教育を取り巻く情勢等について報告しました。続いて、千葉県私学保護者会代表の佐藤眞理さんが、保護者を代表して意見発表。保護者負担の軽減などを訴えました。森田知事をはじめ来賓の挨拶があり、多くの衆・参国会議員とともに日本共産党の志位和夫委員長の代理で参加した秘書の窪田さんも紹介されました。
画像

 1600人を超す参加者のもと、大会決議が採択されました。決議は、公立高校の授業料無償化に伴い、私立高校にも支援金が支給されるようになったものの「それでも年間数十万円の学校納付金がかかります。」「『負担額の有無』で進学先を決定する時代になってはいけません。」と述べ、「私立・公立間に存在する理不尽な格差の是正に努め、私公の協調・共存による教育立憲を実現してください。」と結んでいます。

 そのうえで、「私立・公立間の学費格差を是正して『保護者の経済的負担』を軽減すること」「全国平均額を超える経常費助成を実現して『私学経営の健全化』を図ること」など、4項目の要望が示され、会場の拍手で採択されました。

 今年度の高校生一人あたりの経常費助成の千葉県の上乗せ額は、1万4千円。全国で30番目になりました。国からの助成金を他の予算に流用してしまう、いわゆるピンハネを県議会で告発し、全国最下位だった私学助成の拡充を一貫して訴えてきたことを思うと、ここまできたかとは思いますが、さらに来年度こそは、全国平均に(あと高校生一人当たり8086円)届くように、奮闘したいと思います。同時に、授業料減免に加えて、それと同様の重い負担になっている施設整備費の減免制度実現にさらに奮闘する決意です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント