ゆきとどいた教育求める請願署名の提出集会が開かれました

12.11.26



 「子どもたちが生き生き学べるように、教育予算の大幅増額で教育格差を無くそう!」と、今年も取り組まれてきた教育署名・請願の提出集会があり、紹介議員として、日本共産党県議団全員で参加しました。県議会棟1階の会議室で行われた集会には、全教千葉の皆さんや私教連、幼稚園部会の皆さん、父母の皆さんが参集。
画像
   写真    請願署名を手渡す寺田全教千葉委員長。右が藤崎勲県議会事務局議事課長
 まず、主催者を代表して、全教千葉の寺田勝弘委員長があいさつ。切実な少人数学級実現について、国の財政当局が、極めて消極的な資料ばかりを、これでもかこれでもかと公表している事実を怒りを込めて告発しました。

 続いて、来賓として、日本共産党県議団を代表して、岡田幸子県議があいさつ。この間の教職員・父母の皆さんの取り組みが行政を動かしてきたと敬意を表明。私学助成の拡充や耐震工事への助成、小中学校の少人数学級の若干の前進などに触れ、知事選勝利で抜本的な改善をめざそうと訴えました。

 来賓として他に、千葉労連の本原事務局長が参加し、挨拶しました。

 今年の署名数は、15万6561筆。県議会に提出される請願署名としては、最大規模です。全教や私学、幼稚園、父母など、参加団体の代表から、それぞれ一言ずつメッセージを添えて、対応した藤崎勲県議会事務局議事課長に手渡しました。

 請願の公立部門は、文教常任委員会、私学の関係は、私の総務常任委員会で審議が行われます。採択をめざして全力で頑張ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント