私教連の旗開きに三輪定宣さんも

13.01.11



 千葉私教連(千葉県私立学校教職員組合連合)の旗開きがあり、参加しました。今年は、例年より参加者が多く、80名を超えていました。

 まず、主催者を代表して、中央執行委員長の高橋教雄さんがあいさつ。私学助成(経常費助成)の増額など、昨年のたたかいの成果や職場での奮闘の成果などを報告し、衆議院選挙の結果を含む情勢などに触れながら、今年のたたかいの展望を示しました。

 来賓では、全国私教連の松村慎一さんに続いて、「明るい会」の三輪定宣千葉大名誉教授があいさつ。県政の現状に触れながら、知事選への立候補に至る決意を披露、勝利の展望を語りました。
画像
    写真    挨拶する「明るい会」の三輪定宣さん
 乾杯のあと、引き続き来賓の挨拶ということで、私も日本共産党を代表して一言ご挨拶させていただきました。

 自公政権が復活したが、国民のなかに違和感があること。それは当然で、自公政権が国民からレッドカードを突き付けられた前回選挙に比べても、さらに自民党は210万、公明党も94万、比例での得票を減らしている。自公の議席は、「虚構の多数」であり、国民の本物の政治、本物の改革を求める模索は、続いているし、その選択の視野に日本共産党が入ってきている、と述べました。

 知事選の関係で、議会日程も早まり、今日、新年度予算の説明があったが、経常費助成の単価については、6月議会に先送りになっていること、授業料減免の予算は、2億4千万円の増額、対象約9300人(前年比約1900人増)、総額8億2千万円になったことなどを報告。毎年の教育署名の大きな成果だと強調しました。

 予定時間を30分オーバーして、会はお開きになりましたが、参加者がぐっと若返っていること、したがって、各分会からの報告などもたいへんいきいきしていることなど、頼もしさを感じました。三輪定宣さんも、分会の報告や争議の報告など、メモを取りながら最後まで参加していました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント