「まぁぶる寄席」の記録が送られてきました

14.06.25


 先日の日本共産党花見川区後援会主催の「まぁぶる寄席」。その出演者、三遊亭金一さんをはじめとする社会人落語家さんたちのマネージャー的存在のKさんから、今回も素敵な記録写真が送られてきました。
画像

 「まぁぶる寄席」も、今回で3回目になりましたが、毎回、見事にアレンジした写真と当日の録音CDを送ってくれます。本当にうれしく、ありがたいことです。

 そのKさん、千葉では畑コミュニティーセンターでの「花見川亭」や蘇我コミュニティーセンターでの「蘇我亭」など、地域落語会のお世話をされていますが、東京でも豊洲の宵の落語会「都笑亭(とわいらいとてい)」を主催されています。

画像 その活動が、先日、東京新聞に紹介されました。

 リードには、「江東区豊洲で開かれる社会人落語会「都笑亭(とわいらいとてい)」が20周年を迎えた。豊洲で働く会社員が、豊洲で暮らす人との交流を願って始めた会は、通算の入場者が1万人を超え、25日(4月)で95回目を数える。開発が進み、変貌を続けるまちで20年、変わらず笑いを発信している。」とあります。

 20年の歩みを振り返るKさんの笑顔の写真も大きく掲載されていました。

  そのKさん、千葉では畑コミュニティーセンターでの「花見川亭」や蘇我コミュニティーセンターでの「蘇我亭」など、地域落語会のお世話をされていますが、東京でも豊洲の宵の落語会「都笑亭(とわいらいとてい)」を主催されています。

 その活動が、先日、東京新聞に紹介されました。

 リードには、「江東区豊洲で開かれる社会人落語会「都笑亭(とわいらいとてい)」が20周年を迎えた。豊洲で働く会社員が、豊洲で暮らす人との交流を願って始めた会は、通算の入場者が1万人を超え、25日(4月)で95回目を数える。開発が進み、変貌を続けるまちで20年、変わらず笑いを発信している。」とあります。

 20年の歩みを振り返るKさんの笑顔の写真も大きく掲載されていました。

 Kさんの活動は、「創造スポット T工房」http://www1.u-netsurf.ne.jp/~TKOB に紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント