義姉の墓参で川越に

14.07.18


 癌に侵され、57歳の若さで逝った義姉(奥さんのお姉さん)の墓参に、川越に行ってきました。笑うのが好きで、最後に見舞ったときも、私のジョークに「笑うと痛いんだ」といいながら、身をよじって笑っていました。
画像
 帰りに、すぐ近くの「小江戸」と呼ばれる「蔵造り」の街並みを歩いてきました。

 有名な「時の鐘」を見て、すぐ脇で「時の鐘最中」などを買って、「川越まつり会館」で、華麗な山車の実物を見ながら、祭りの概要や山車の仕掛けなどについて、説明を聞きました。

 「札の辻」から菓子屋横町をぐるりと回って、「蔵造り資料館」(「旧小山家住宅」)に入って、川越を何度も襲った大火の歴史やそれに伴って造られてきた蔵造りの住宅を見学し、やはり蔵造りの指定文化財になっているしゃれた喫茶店でコーヒーを飲んで帰ってきました。
画像

 関越道と外環道のジャンクション手前から大渋滞。参りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント