消防団員の処遇改善へまた一歩?県が市町村長へ通知

14.10.04


 この間、県議会で消防団員の処遇改善などについて取り上げてきました。(7/3付けブログ「ひとりごと」8/27付け「ひとりごと」)

 県では、8月27日に、全市町村の担当者を集めてヒヤリングを実施しました。初めてのことだといいます。そして今回、9月10日付で、各市町村長・関係一部事務組合管理者に対して、森田知事名での「通知」が出されていたことがわかりました。
画像
 「通知」には、「取り組むべき事項」として5項目ほどあげられていますが、そのトップが「消防団員の処遇の改善」になっています。内容は、

 「消防団員の報酬等について、消防団は大規模災害時に地域で即座に対応し、厳しい状況の中で長時間にわたり災害対応に当たること及び長官通知を踏まえ、報酬額及び出動手当の適切な水準への引き上げをお願いします。
 なお、団員報酬の県内平均は、平成25年4月1日現在、年額25,500円となっており、特に年額報酬が、県平均以下の市町村におかれましては、積極的な引き上げをお願いします。
 また、報酬等が個々の団員に確実に支払われるよう、改めて徹底をお願いします。」というもの。

 「処遇改善」をトップに位置づけたこと、また、報酬等が個々の団員に確実に支払われるよう求めたことは、大いに評価できることです。

 開会中の今県議会では、自民党議員がやはり消防団員の処遇改善の問題を取り上げました。議会での世論が広がって、各自治体での改善が進むことを願っています。

   写真   6月県議会「総務防災常任委員会」で取り上げた消防団員からの告発文に対する県からの報告書と今回の通知

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント