「高卒までの子ども医療費助成を」など、県に4種の要求署名提出

15.03.27


 今朝の定例駅宣は、JR新検見川駅。出来立ての横断幕を掲げて、寺尾さとしさん、中村きみえ市議が訴えました。新検見川駅は、中村きみえ市議の地元ということもあって、ごあいさつをしたり、声をかけてくれる方が多く、励まされます。
画像
   写真   できたての横断幕を持って記念にパチリ
 その後、県庁へ。この間、取り組んできた署名の第一次分の提出です。署名は、「子どもの医療費無料化を高校卒業まで」「給付制の奨学金の拡充(高校)、創設(大学)を」「国保料、一世帯一万円の引き下げを」「住宅リフォーム助成制度の実現を」など、4種類。
画像

 加藤英雄県議団長をはじめ、3人の現職県議や、寺尾さとしさんはじめ県下各地の県議選出馬予定の方々が参集。他に、子育て中のお母さんたちが、子ども医療費や給付制奨学金について、切実な実態と要求をぶつけました。寺尾さとしさんも、住宅リフォーム助成の実現について、秋田県の例なども紹介しながら、地域経済に大きな力を発揮すると、実現を訴えました。
画像

画像

 県当局からは、岩崎斉総務部次長らが対応。岩崎次長は、自分も子どもの学費では苦労したと、一人の親としての心情を吐露しつつ、この声は担当部局にきちんと届けると約束しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント