浅野ふみ子をなんとしてもと「ふみフェス」

16.06.18

 真夏のような陽射しが照り付けるなか、千葉市の中央公園を借り切って、「ふみフェス」が開かれました。

 「ふみフェス」???チラシには「7月参院選 願いかけた熱き戦い 日本共産党・浅野ふみ子といっしょに」とありました。要するに、浅野ふみ子を何としても国会へ送り出したいとの共通の思いから企画されたお祭りのようです。中央ステージには「選挙は大人のお祭りだ!!」と書いてあります。

 「Cafe & Bar JCP」と書かれたお店が繁盛しています。JCP=Japan Communist Party(日本共産党)の略称です。テントのなかでは、第一級のバーテンダーTさんが、腕を振るっていました。
画像

 「子どもの広場」も子ども連れのみなさんで賑わっていました。時折、子どもの飛ばすシャボン玉に襲われたりしました。
画像

 「ミナちば」のテントは、ブックカフェだとか。コーヒーやビールを飲みながら、政治の本や絵本をどうぞということでしょう。テントには「『ミナちば』は、千葉県のみんなで、平和と人権、暮らしを守り、希望のある未来をつくる政治家を応援し、国会へ送ろうとする活動です」との掲示がありました。
画像

 公園内のあちこちで、浅野ふみ子さんや比例代表の椎葉かずゆきさん、駆けつけた斉藤和子衆議院議員と参加者との交歓が行われていました。
画像
   写真   参加者と談笑する浅野ふみ子さん
画像
   写真   左から、椎葉かずゆきさん、ママの会のⅠさん、斉藤和子衆議院議員
 ステージでは、ロックやジャズの演奏が続いていましたが、もちろん政治のプログラムも。「稲の旋律」で多喜二・百合子賞を受賞した作家の旭爪(ひのつめ)あかねさん、今度の参院選で浅野ふみ子さん支持を表明している「緑の党」成田市議会議員の会津もと子さん、日本共産党の斉藤和子衆議院議員、椎葉かずゆきさん、浅野ふみ子さんの5人によるトークです。
画像
   写真   左から旭爪あかねさん、椎葉かずゆきさん、参加者にあいさつする浅野ふみ子さん、緑の党の会津もと子さん、斉藤和子衆議院議員
 安倍自民・公明政権の危険な暴走政治、甘利前大臣や舛添前都知事にみられる金権腐敗の政治への怒り、危機感が、かつてなかったような幅の広い、深い真剣な期待となって、日本共産党と浅野ふみ子さんに寄せられています。この期待に本気で応えなければ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント