いよいよ明日 公示、新しい政治をご一緒に!

16.06.21



 いよいよ明日から、日本の命運をかけた歴史的な政治戦・参院選挙が始まります。
画像
   写真   浅野ふみ子事務所の化粧直しに励むスタッフのMさん
 安倍首相が「私たちは憲法改正草案をお示ししている。この選挙においても憲法改正を目指していくと選挙公約にちゃんと書いてある」(19日、「ネット党首討論」)と、豪語するように、今度の選挙では、安倍改憲を許すのかどうかが、正面から問われます。

 国民の意思は明確です。憲法違反の安保法制=戦争法は廃止。憲法9条を掲げた平和外交を。どの世論調査でもこれが多数派です。私たちは、その道を示してたたかいます。同時に、安倍政権の下で、乱暴に憲法が踏みにじられる政治が続けられてきました。憲法に基づく政治=立憲主義が破壊されています。それを取り戻していかなければなりません。

 また、安倍首相は「アベノミクスは、失敗していない。しっかりとこの政策を前にすすめていく」(19日、NHK「日曜討論」)と、強弁しています。しかし、働く人の実質賃金は、5年連続でマイナス。5%も目減りしています。この統計が始まって以来、最悪の数字です。また、日本経済の6割を占める個人消費は、2014、15年度と2年連続のマイナスで、これも戦後初めてのことです。

 「大企業がもうかれば、いずれ家計に回る」というアベノミクスの発想は、完全に破たんしています。大企業が空前の利益をあげるなか、国民の暮らしと経済は、悪化の一途をたどっているではありませんか。大企業応援から暮らし応援へ、経済のかじ取りを切り換えることが痛切に求められています。私たちは、そのために何としてもこの選挙を勝ち抜かなければなりません。

 大企業優遇のゆがんだ税制を正し、タックスヘイブンなどの税逃れを許さず、税金は、負担能力に応じて集める。そしてそれを社会保障充実のために使う。さらに、ブラックな働き方を改めさせる。非正規から正社員へ、雇用のルールを作り、中小企業を支援しながら最低賃金を今すぐ1000円に、そして1500円をめざす。日本共産党は、こうした三つのチェンジを示してたたかいます。

 千葉県から初の参議院の議席をめざして、浅野ふみ子さんが頑張ります。比例代表9議席をめざして、千葉県は椎葉かずゆきさんの押上げに責任を持ちます。浅野ふみ子事務所長として、私も全力を尽くそうと思います。
画像
   写真   事務所のなかは、浅野ふみ子だらけになりました
 浅野ふみ子さんの事務所も、明日の公示を控えて改めて化粧直しをしました。ぜひ、事務所にもお立ち寄りください。ご一緒に、新しい政治を誕生させようではありませんか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント