アベノミクス破たんを示すグラフ

16.06.24



 アベノミクスの破たんは明らかなのに、それを認めようとしない安倍首相。その安倍首相が「絶対に言わない大事な数字が二つある」と志位和夫委員長が指摘しています。

 一つは、働く人の実質賃金が5年連続マイナスで、5%も目減りしていること。この統計は、1990年に始まりましたが、統計開始以来の四半世紀で最低に落ち込んでいます。グラフをとくとご覧いただきたいと思います。
画像

 もう一つが、日本経済の6割を占め、国民の暮らし向きを示す指標、個人消費が2014年、15年と2年連続でマイナスを記録していることです。こちらは戦後初めてのことです。あの08年のリーマンショックの時でさえ、マイナスは1年だけでした。2年連続という異常さがわかります。これもグラフをご覧ください。
画像

 さらにもう一つ、付け加えて言えば、国民の暮らしと景気のひどさの一方、アベノミクスによって優遇され、大もうけした大企業が、その利益を働く人の賃金にも、取引先の中小企業や地域経済にも回すことなく、税金という形で社会に還元することもせず、ひたすら企業内部にため込んでいることです。2014年度から16年度までの3年間に資本金10億円以上の大企業のため込み金(内部留保)は、なんと36兆円も積み増しされ、ついに300兆円を超えました。日本の国家予算(今年度96.7兆円)の3倍を超える規模です。
画像

 「世界で一番企業が活動しやすい国にする」と豪語する安倍首相のアベノミクスがいったい誰のためのものなのか。一目瞭然ではないでしょうか。にもかかわらず首相は、この「アベノミクスのエンジンをもっとふかす」というのですから、とんでもない話です。

 参議院選挙で決着をつけるほかありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント