市民と野党の共闘はさらに進化する

16.07.11


 投票から一夜明けて、携帯に電話やメールが次々に入ってきました。その一部を紹介します。

 「浅野さん、残念だったねぇ。でも、共産党、倍加したじゃないですか。」と、これは花見川区の知り合いからの電話。

 「千葉の浅野さんも神奈川のあさかさんも善戦むなしく次点、まことに残念です!しかし、頑張りましたね。」と、これは神奈川県の高校時代の同級生からのメール。

 「小松先生、選挙お疲れさまでした。浅野ふみ子さんは残念でしたが、党全体では議席が増えたので、頑張った甲斐がありました。これからも応援します!!」と、これは、今回初めて個人演説会の弁士をお願いした落語家さんから。

 「お疲れさまでした。浅野さん、残念!頑張っている様子、ずっとブログで拝見していました。お疲れが出ませんように!」と、これは東京の恩師の奥様から。
画像
   写真   昨夜の浅野ふみ子記者会見の様子
 複数選挙区で議席に届いたのが、東京だけというのは、ちょっと寂しかったものの、改選3議席から6議席への前進は、やはり勝利というべきです。野党共闘も、32の1人区のうち、11選挙区で勝利。初めてにしては、確かな成果をあげました。

 自民・公明・おおさか維新等、改憲勢力が3分の2を占めたからといって、どんな世論調査も、9条改憲反対が多数派です。この世論が、そして運動が、改憲派の暴走を許しません。

 市民運動を支えた皆さんから、今度の選挙をきっかけに日本共産党の「綱領」を学びたいとの申し出もありました。市民と野党の共闘は、さらに進化を続けます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント