花見川区日本共産党後援会の「秋の日帰り旅行」

16.09.24


 今日は、花見川区日本共産党後援会の「秋の日帰り旅行」。雨模様のなか、中村きみえ市議地域の1号車44名、盛田真弓市議地域の2号車40名、総勢88名が、多古町の旬の味産直センターをめざして出発しました。

 メインは落花生掘りと旬の味産直センター専務理事の菅澤博隆さんの講演です。

 天候の加減を見て、予定を変更し、午前中に落花生畑へ。みなさん、足元を用意されたレジ袋で固めていざ畑のなかへ。菅澤さんの指導で、初体験の落花生掘りに挑戦です。連日の雨のせいか、落花生は思いのほか、簡単に引き抜くことができました。塩を一掴み入れ、45分ほど茹でたら、おいしい茹で落花生ができあがるとか。
画像

画像

 収穫のあとは、産直センターが経営する農家レストラン「しんのみくうかん」へ。昼食まで少し余裕があるとかで、伊藤二悦後援会長のあいさつに続いて各議員がご挨拶。ついでに、私もご挨拶。
画像
   写真   あいさつする伊藤二悦後援会長
画像
   写真   あいさつする中村きみえ市議

画像
   写真   あいさつする盛田真弓市議

画像
   写真   あいさつする寺尾さとし県議
画像
   写真   ついでにしゃべる小松実
 昼食は、お目当ての「野菜バイキング」。てんぷらやとうがん、八宝菜のような野菜の煮物、サラダ風のもの・・・。野菜の具たっぷりの味噌汁のおいしかったこと。ふだんあまり野菜を食べない私も、おいしくいただきました。
画像

 食後は、広いお庭を散歩したり、談笑したり。レストランのなかでは、歌声が始まりました。
画像

 午後のメインは、菅澤さんの講演。「関税とは何か」から始まって、「ガット・WTO・TPP」と、貿易自由化の歴史的経過をたどり、TPPの内容及び問題点を具体的に指摘、農業と食糧を守る道を力強く訴えるものでした。時間が短く、十分に語る余裕がなかったのが申し訳なく、また残念なことでした。
画像
   写真   TPPとは何か、その危険な実態を告発する菅澤専務理事
 帰途、多古町の道の駅に立ち寄って、皆さんそれぞれお買い物。それほどの雨にたたられることもなく、けがや病人もなく、楽しい一日をのんびり過ごすことができました。企画、運営から参加者のお世話まで、役員さんたちに心から感謝感謝です。ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント