オスプレイ全面飛行再開、まるで植民地の傀儡政権

16.12.20

 「まるで植民地における“かいらい政権”のような振る舞いだといわれても仕方がない」

 墜落事故からわずか6日。オスプレイの飛行再開を「理解できる」と、容認した稲田防衛大臣・日本政府を批判する日本共産党小池晃書記局長の言葉だ。まったく同感である。

 「かいらい」とは、「傀儡」と書く。辞書には「あやつり人形。でく(木偶)。転じて、人の手先になってその意のままに動く者。」とある。まったくその通りだ。よくもまぁ、恥ずかしくないものだ。
画像
   写真   20日付「しんぶん赤旗」1面
 辺野古では、基地建設に反対し、抗議する住民をさんざん暴力的に排除し、米軍に尽くしてきた海上保安庁の「捜査協力要請」も全く無視された。したがって日本政府は、独自には何の情報も持っていない。米軍の説明をただただ鵜呑みにしているだけだ。

 彼らには、沖縄県民の声も国民の声も届かない。聞く耳を持たない。「木偶」だからだ。ひたすら米軍=アメリカの意のままに動く。なぜなら、「かいらい」だからだ。

 こんな政府をいただく国民は、たまったものではない。翁長沖縄県知事は「言語道断」「県民を一顧だにしない日米政府に強い憤りを感じる。」と批判した。「事故原因の究明はおろか、機体回収も終わらない中での傍若無人な飛行再開」と、これはしんぶん赤旗の記事だ。

 日本中に基地を置き、人口密集地の上空であれ、どこであれ、勝手気ままに訓練を行ない、事故を起こしても、証拠を持ち去り、情報を隠蔽する。日本を植民地扱いしてきたその根拠が、日米安保条約だ。これでいいのか、そろそろ根本から考え直す時にきているのではないか。アメリカとの真の友好のためにも、従属の同盟から対等平等の日米友好条約への切り替えが必要になっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント