小松実のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟」千葉市支部の総会と「共謀罪」の学習・講演会

<<   作成日時 : 2017/04/23 20:47   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

17.04.23


 今日は、「治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟」千葉市支部の第二回総会。併せて、花見川区革新懇との共催で、土居太郎弁護士を講師に「共謀罪」の学習・講演会を行いました。早いもので、昨年の支部結成総会から、一年が経過しました。

 総会は、事務局次長の吉田直義市議の司会で、まず主催者を代表して支部長の寺尾さとし県議があいさつ。来賓として、県本部を代表して中村日出丸事務局長があいさつしました。安倍政権による治安維持法の現代版「共謀罪」を許してはならないし、「同盟」がその先頭に立つ必要があること、若い人たちが役員を務める千葉支部は、全国からも注目と期待を集めている、その期待に応えてほしいとの激励を受けました。
画像
   写真   来賓あいさつをする中村日出丸県本部事務局長
 続いて事務局長の私から、情勢、この間の活動報告、今後の方針などを提起。事務局のTさんから会計報告を行い、新年度の役員体制を確認して総会を終了しました。
画像
   写真   議案を提案する小松実、左は吉田直義事務局次長、右が寺尾さとし支部長
 休憩後は、中央法律事務所の土居太郎弁護士による記念講演。「共謀罪〜治安維持法の復活〜」とタイトルのついたレジュメをもとに、1時間と少し。

 刑法学、刑事訴訟法から始まって、共謀罪とは?と話が進みます。共謀罪の一応の解説が終わったところで、「皆で考えてみましょう」と、参加者を「検察官」「弁護士」「裁判官」の各グループに分け、共謀罪が適用されうる架空の事例について、それぞれの立場から「共謀罪」が成立するかどうか、考えをまとめるという課題が出されました。
画像

 講演を聞くだけでなく、みずから事例研究で考えるという斬新な「授業」になりました。緊張で目が覚めた後は、「共謀罪の危険を考える」ということで、「冤罪の危険性」市民運動などへの「委縮効果」、盗聴や自白の強要などの「不当な捜査の拡大」等を指摘。最後は、戦前・戦中、国民を徹底的に弾圧した「治安維持法」の問題に触れ、「一般人は対象にしない」などと、当時と同じ説明がいま、国会で行われていると警鐘を鳴らし、「たとえデモや集会に出なくても、学習会をしたり、SNSで発信したり、政治家にメッセージを送ったり、マスコミに感想やエールを送るなど」世論の力で廃案へ、と訴えました。
画像
   写真   講演する土居太郎弁護士
 記念講演から参加した人も含めて30人。おかげさまで、会場で同盟の新会員も4人増えました。小さな運動を積み上げて、「戦争する国」づくり、そのための政府に批判的な言論・運動を威嚇し、取り締まるための弾圧立法を断固阻止しなければと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟」千葉市支部の総会と「共謀罪」の学習・講演会 小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる