米軍は、沖縄から、日本から出ていけ!

17.12.13

 体育の授業中のことだったという。子どもたちから、わずか10メートルのところに落ちたという。一歩間違えれば、大惨事だった。

 こんなことが、いつまで繰り返されるのか。沖縄は、そして日本は、いつまでこんな屈辱と危険に甘んじていなければならないのか。日米安保条約のもで、沖縄県民と日本国民は、どれほど命を奪われ、危険にさらされ、屈辱的な扱いを受けてきたことか。

 再発防止策は、基地の撤去以外ではありえない。日米安保条約第10条は、日米のどちらか一方が、条約の終了を通告すれば、1年後には条約は終了する、となっている。アメリカが、日本を属国扱いする根拠となっている日米安保条約を考え直す時に来ている。


<以下、琉球新報の電子版から>

米軍
CH53Eと認める 小学校への窓枠落下で /沖縄
2017年12月13日


 米軍普天間飛行場に隣接する宜野湾市立普天間第二小学校に米海兵隊の大型ヘリコプターCH53Eの窓枠が落下した事故で、在沖米海兵隊は13日午後、「CH53Eから普天間第二小学校の運動場に窓が落下した」と正式に認める発表をした。
 米海兵隊は「機体は落下からすぐに普天間飛行場に戻り、事故を報告した」と説明した。
 米海兵隊は「事故を非常に深刻に受け止めており、現在原因を調べている。情報が分かり次第また報告する」とした。その上で「事故によって地域社会に不安を与えたことを謝罪する」とした。【琉球新報電子版】
(琉球新報)



県が全機の飛行停止要要求 副知事「生存権、学習権脅かされている」 米軍ヘリ窓枠落下事故
12/13(水) 15:49配信


 宜野湾市の普天間第二小学校に米軍ヘリから窓枠が落下し、男児一人がけがを負った事故で、富川盛武副知事は13日午後3時すぎ、県庁に外務省沖縄事務所の川田司沖縄担当大使、中嶋浩一郎沖縄防衛局長を呼び、「従来とは次元の違う問題だ。生存権、学習権が脅かされている」と強い憤りを示し抗議した。

 県は県内の米軍基地にある全ての航空機の緊急点検の実施と点検期間中の全機の飛行停止などを求めた。県は、午後4時には米軍幹部を県に呼び抗議する。【琉球新報電子版】
琉球新報社

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント