戦争する国・無制限の武力行使への暴走=自民党の9条改憲案

18.03.24

 自民党の「憲法改正推進本部」が、9条改憲の条文案づくりについて、細田博之本部長に対応を一任した。

 細田氏は、9条2項を残したうえで「前条の規定は、わが国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、自衛隊を保持する。」という案を各党に示す意向だとのことだ。

 「自衛の措置」とは、「自衛権」のことだ。そこには「個別的自衛権」だけではなく「集団的自衛権」も含まれることになり、事実上何の制約もなく、「我が国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要」と判断しさえすれば、海外での無制限の武力行使が可能になる。

 「戦力不保持」「交戦権否認」を定めた9条2項は、まったく空文化・死文化することになる。憲法の根幹ともいうべき「恒久平和の原則」が崩されることになる。

 「森友」公文書改ざんで、国民主権と議会制民主主義というこれまた憲法の基本原則を乱暴に踏みにじってきた安倍政権や自民党が、国民の批判にまるで耳を貸そうとせず、9条改憲に突っ走る姿はきわめて異常であり、断じて許せるものではない。

 安倍首相は、改憲発議さえできれば、「森友」や「加計」問題がどうなろうと構わない、それで自分の首が飛ぼうと、歴史に名を残せる、安保条約を強行して辞職した祖父・岸伸介に並ぶことができるとでも考えているのかもしれない。だとしたら、これほど国民にとって、不幸で恐ろしいことはない。

 安倍政権を打倒しなければならない。権力を私物化し、法と行政を捻じ曲げ、国民と国会を嘘でだまし続けた安倍内閣を打倒しなければならない。そして、9条改憲という暴挙にストップをかけなければならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント