「千葉市日本共産党後援会」の第27回総会

18.04.22

 今日は「千葉市日本共産党後援会」の第27回定期総会。千葉県後援会長として、参加しました。

 開会後まずは、来賓の参議院比例代表・しいば寿幸さんが、次の予定の関係でごあいさつ。あいさつ後、ただちにJR幕張駅へと向かうあわただしさでした。続いて、千葉市後援会長の山田安太郎弁護士がごあいさつ。来年の参議院選、いっせい地方選に全力をと訴えました。
画像
   写真   来賓あいさつをする参院比例代表のしいば寿幸さん
画像
   写真   あいさつをする山田安太郎千葉市日本共産党後援会会長
 改めての来賓あいさつは、参議院千葉選挙区の浅野ふみ子さん。続いて、寺尾さとし県議。千葉市議団は、野本信正団長(若葉区)のあいさつのあと、出席した福永洋(中央区)、中村きみえ(花見川区)、佐々木ゆうき(美浜区)、かばさわ洋平(緑区)の各議員が一言ずつ一ご挨拶しました。
画像
   写真   来賓あいさつをする参院千葉選挙区の浅野ふみ子さん
画像
   写真   県議会だよりを手に、県政の報告をする寺尾さとし県議
画像
   写真   あいさつする野本信正市議団長
画像
   写真   あいさつする花見川区の中村きみえ市議
 その後、小倉忠平日本共産党中部地区委員長が、情勢報告を兼ねてごあいさつ。森友・加計問題や自衛隊の日報隠蔽、財務事務次官のセクハラ問題など、安倍政権がボロボロになっている、世論と運動で総辞職に追い込もう、そして来年の参院選、いっせい地方選で必ず勝利をと、訴えました。
画像
   写真   日本共産党の小倉忠平中部地区委員長
 休憩後、千葉県会長として私があいさつ。安倍政権はボロボロだが、9条改憲への異常な執念を軽視するわけにはいかない、退陣へと追い込む運動とともに、改憲発議を許さないために、3000万署名を何としてもやり切ろう、花見川区だけでも、後援会員と後援会ニュースの読者は8000人、大きな力を秘めている、全県16万人の会員に署名を持って総訪問し、対話し、お近づきになろう、それが来年の選挙にも生きてくる、と訴えました。
画像
   写真   あいさつする小松実
 総会では、伊藤二悦花見川区後援会長が議案を説明。その後、各区の後援会から発言がありました。若葉区の「ふきのとう」後援会は、すでに3000万署名が1000筆を超え、今月末までに1400筆をめざしていると意気高く報告。また、緑区からは、若い人たちの「GIC」という後援会があり、障害者が働く喫茶店などを借り切って、市政報告会などを開いていると、元気の出る報告がありました。
画像
   写真   議案を提案する伊藤二悦花見川区後援会長(千葉市副会長)
 最後に、山田安太郎会長をはじめとする次期役員体制を拍手で確認。安倍政権打倒・9条改憲阻止・参院選・いっせい地方選の勝利の決意を込めて、ガンバローを三唱して、お開きとなりました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント