治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟千葉県本部が第45回総会

18.09.21


 今日は、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟千葉県本部の第45回総会。あいにくの雨の中でしたが、20数名が参加しました。
画像
   写真   開会のあいさつをする七里一司副会長
 七里一司副会長が開会のあいさつをした後、私が会長あいさつ。この一年を振り返り、杉浦正男さんや飯島喜美、渡辺政之輔などの顕彰活動、また、国会請願署名や銚子・佐倉などの新たな支部、船橋支部の再建など、組織拡大の実績を紹介し、今日の総会の議論を踏まえ、今後一年、さらに奮闘しようと呼びかけました。
画像
   写真   会長あいさつの小松実
 来賓として、同盟中央本部から田中幹夫事務局長、日本共産党から参議院千葉選挙区の浅野ふみ子さん、国民救援会千葉県本部の鷲尾清会長がお見えになり、それぞれご挨拶をいただきました。また、千葉労連や同盟東京都本部など、6団体からのメッセージが紹介されました。
画像
   写真   来賓あいさつをする田中幹夫中央本部事務局長
画像
   写真   来賓あいさつをする日本共産党の浅野ふみ子さん
画像
   写真   来賓あいさつをする国民救援会の鷲尾清さん
 議案提案は、中村日出丸県本部事務局長。国会請願署名や「種まく人びと」上映運動、渡辺政之輔没後90周年記念講演会などの取り組みを提起し、引き続き新たな支部建設や同盟員拡大を提案しました。
画像
   写真   議案提案する中村日出丸事務局長
 休憩後、討論に入りました。銚子や船橋など、新たな支部結成や再建の報告、国会請願署名の取り組みなどと並んで、「平和のための戦争展ちば」への取り組み、県内の犠牲者名簿の作成など新たな課題も提起されました。
画像
   写真   船橋支部再建の報告をする斉藤和子さん
画像
   写真   生存している治安維持法犠牲者は、全国で21人、千葉県の犠牲者名簿の作成をと発言する藤田廣登さん
画像
   写真   飯島喜美の評伝執筆の経過などを報告する玉川寛治さん
 最後に、役員の選出が行なわれ、新任6名を含む15人の理事が決まり、会長・小松実、副会長・七里一司さん、事務局長・中村日出丸さんの体制も確認されました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント