志位和夫委員長迎え、党と後援会の千葉県決起集会

19.01.12


 春のいっせい地方選挙前半戦の投票日まで約3か月となった今日、志位和夫委員長を招いての「統一地方選・参院選必勝!党と後援会 全県決起集会が開かれました。

 初めに、参院選、統一地方選の予定候補が壇上に勢ぞろいするなか、千葉県後援会長として私が開会のあいさつをしました。
画像

 続いて、市川市の清水みな子市議、千葉市花見川区の中村きみえ市議、船橋市の丸山慎一県議が、さらに参院千葉選挙区の浅野ふみ子さん、比例代表のしいばかずゆきさんが、それぞれ地方政治や国政の状況に触れながら、何としても勝ち抜く決意を表明。盛んな拍手に包まれました。
画像
   写真   統一地方選予定候補を代表して決意を表明する花見川区の中村きみえ市議
画像
   写真   決意表明する参院千葉選挙区の浅野ふみ子さん
画像
   写真   同じく比例代表のしいばかずゆきさん
 志位和夫委員長は冒頭、昨年の党旗開きで「二つの負けられないたたかい」として、沖縄知事選と安倍改憲を許さないたたかいをあげたが、市民運動と世論、野党共闘の力で、ともに大きな成果をあげたことを率直に喜びたいと述べ、同時に、今年行われる二つの選挙に勝利して、安倍政権そのものに終止符を打とうと呼びかけました。
画像
   写真   講演する志位和夫委員長
 何を掲げてたたかうか、として志位和夫委員長は①消費税増税にストップをかけ、暮らし第一で経済を立て直すたたかい、②安倍9条改憲阻止、「戦争する国づくり」を許さないたたかい、③辺野古への新基地建設ストップ、沖縄への連帯のたたかい、④「原発ゼロの日本」をめざすたたかい、の4点をあげ、それぞれ具体的に解明しました。

 さらに「勝利のための構え」として志位和夫委員長は、まず目前の地方選で必ず勝利すること、現有議席の確保そのものが容易ならざるたたかいだが、定数減のなか、3から4へと議席を伸ばした八千代市議選の事例もあげ、チャンスはあると指摘。同時に、「参院選は地方選が終わってから」では間に合わない、一体でたたかうことを強調しました。
画像

 そのうえで、期日前投票が一般化してきたことにも触れ、3月1日を投票日に見立てて、宣伝・支持拡大・党勢拡大で目標をやり切ろうと提起しました。

 講演後、浮揚幸裕千葉県委員長が行動提起。最後は、ふたたび壇上に候補者が勢ぞろいして、決意を込めて「ガンバロー」を三唱しました。
画像
   写真   行動提起する浮揚幸裕千葉県委員長
画像

 文字通り、今年の二つの選挙は、この国の命運をかけた選挙になります。「戦争する国づくり」を許すのか、それとも「憲法が生きる国づくり」をめざすのか、国民の願いは明白です。昨年は、国民の運動と世論が、数に驕る安倍暴走に待ったをかけました。今年は、暴走を許さない政治へと国会・地方議会の様相を大転換していく年にしなければなりません。頑張りたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント