県後援会の代表委員会や夕方の駅頭宣伝

19.01.17

 今日は、千葉県日本共産党後援会の代表委員会。統一地方選と参院選という二つの重要な選挙戦を後援会としてどうたたかうのか、2月に予定されている各行政区事務局長会議の意義と運営について、5月の前進座公演「佐倉義民伝」の取り組みについて、今後の日程等々について協議が行われました。

 夕方からは、寺尾さとし県議、中村きみえ市議の駅頭宣伝に参加。幕張駅の南口で、千葉市政の重大問題になっている「市立海浜病院」の存続と診療科目の充実を求める署名付きのチラシを配布しました。
画像
   写真   訴える中村きみえ市議と寺尾さとし県議
画像 千葉市は、病院経営を含め、今後の市立病院のあり方を検討する専門委員会を設置。市立青葉病院と海浜病院の統廃合や民間への経営委託などを検討し、8月には結論を出すとしています。

 「統廃合」という結論が決まっているわけではありませんが、命と健康を守り、地域医療を支える拠点病院がなくなることへの住民の不安は大きく、日本共産党のチラシへの反応もきわめて敏感なものになっています。

 今日も、「市立海浜病院の存続を求めるチラシです」「海浜病院のことが書いてあります」などの呼びかけに、通り過ぎようとして慌てて手を出すという人が何人もいました。

 住民の命と健康、暮らしを守ることこそ、地方自治体のもっとも重要な務めです。国の政治がひどければひどい時こそ、自治体がその防波堤となって、住民の命とくらしを守らなければならないはずです。赤字を理由に、この大事な仕事を放棄することは許されません。自治体本来の仕事とは思えない無駄遣いが沢山あります。要は、お金の使い方です。

 自民・公明の福祉切り捨てと住民負担増の政治に真っ向から立ち向かう日本共産党の議席をもっともっと増やさなければなりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント