小松実のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS  習志野市議選、入沢俊行候補の応援に

<<   作成日時 : 2019/04/14 17:04   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

19.04.14

 いよいよ統一地方選の後半戦が始まりました。告示日の今日は、習志野市の日本共産党・入沢俊行候補の応援に入りました。

 第一声は、入沢俊行候補の住む袖ケ浦団地の広場。国道14号線に面した事務所からもすぐ近くです。

 選対長のあいさつに続いて指名され、マイクを握りました。入沢さんは、2003年の初当選以来(途中、1期抜けましたが)、文字通り地域の宝の議席として、住民のみなさんの要求実現に大奮闘してきました。学校へのエアコン設置やトイレの改修、保育所や特別養護老人ホームの増設に全力で取り組み、実現する大きな成果をあげてきました。
画像

 今度の選挙でも、「高すぎる国保料や介護保険料の引き下げ」まだまだ足りない「保育所の増設」、あるいは学校や公民館など公共施設を廃止して、売却するという市の方針にストップをかけ、「地域発展の拠点として整備する」ことなどを、100億円を超える市のため込み金の活用という財源策も示しながら訴えています。

 今度の選挙は、国政にも重要な影響を与える選挙です。日本共産党を伸ばしていただくことが、安倍政治への最も厳しい審判になります。今朝のTBSテレビのサンデーモーニングでも、和歌山の定数1の県議選で、日本共産党候補が、自民党の現職を破って当選したことが報じられていました。日本共産党への1票で、安倍政権の暴走政治にストップをかけよう、秋の消費税10%への増税にストップをかけ、9条改憲を阻止しよう。そんな話をしました。
画像

 入沢候補も、消費税増税は断じて認められないと、今度の選挙が国政にも大きく影響することを強調し、増税ストップの1票を入沢俊行にと訴えます。

 学校へのエアコン設置の問題では、1万3千を超える署名と入沢俊行さんをはじめとする日本共産党市議団の議会質問が、背を向け続けてきた市当局や自民・公明などの態度を変えさせ、ついにこの7月から設置・使用されるようになると、住民との共同で「政治は変えられる」と訴えました。
画像

 演説中に、他候補の宣伝カーが同じ場所での宣伝のために近くで待機しているという、まさに大激戦の様相です。前半戦での悔しさもバネにして、後半戦の躍進を勝ち取らなければなりません。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 習志野市議選、入沢俊行候補の応援に 小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる