参院選公示直前、中村きみえ市議と地域訪問

19.07.01


 今日は午後から、中村きみえ市議の事務所へ。

 扉を開けると、電話している人やはがきのあて名書きをしている人、名簿の整理をしている人。参院選の公示直前とあって、みなさん忙しそう。それでも「お昼は、食べた?」と、気にして声をかけてくれます。座ると別の方が、お茶を出してくれます。中村事務所
は、いつも温かい。

 やがて地元支部のKさん、中村きみえ市議とともに、地域訪問に。私が運転手です。

 訪問先では、中村市議とわかると「いつも、お世話になっております。」と、まずは市議へのお礼の言葉から。日ごろのお世話活動のすごさを感じます。ひとしきり、暮らしぶりの話を聞いて、相談に乗ります。なかには、医療相談という場合も。元看護師という経歴が生かされます。

 「参院選は、2回投票しますからね。一回目は、選挙区で浅野ふみ子さん、2回目は比例代表で、日本共産党って、お願いしますね。」もちろん、選挙のお願いをします。

 気持ちの良い訪問のなかで、しんぶん赤旗日曜版も2部増えました。カンパを寄せてくれ、チラシの配布なら手伝えると申し出てくれる方もいました。

 さあ、いよいよ4日には公示です。すでに浅野ふみ子さんの出発式でのあいさつや宣伝カーの弁士の予定などが入っています。日本の命運がかかった選挙です。市民と野党の共闘が発展し、千葉県市民連合からの推薦も受け、千葉県初の日本共産党参議院議員誕生という歴史的快挙を実現するチャンスです。私も、頑張らねば!