参院選公示、浅野・しいば両候補元気いっぱいにスタート!

19.07.04

 いよいよこの国の命運・未来がかかった選挙戦が始まりました。

 千葉選挙区の浅野ふみ子候補は、午前9時、選挙事務所で出発式。私も、千葉県後援会長として、ごあいさつさせていただきました。
DSC02022.JPG
 「市民と野党の共闘」が大きく前進し、この千葉県でも「千葉県市民連合」が浅野ふみ子候補を推薦、3議席目を争う候補だとマスコミも注目するなかでのスタートになりました。

 財源策を示しての「減らない年金」、消費税に頼らない財源を示しての「8時間働けば普通に暮らせる社会を」「安心の社会保障」「お金の心配なく学び、子育てできる社会へ」との日本共産党の道理ある提案は、保守層を含めて納得のいくものとして歓迎されています。
DSC02016 (2).JPG
 このチャンスを何としても生かし、切実な国民の願いに応える責任を果たさなければなりません。

 その後、10時から、JR千葉駅前で第一声です。浮揚幸裕千葉県委員長に続いて、マイクを握った浅野ふみ子候補。日本共産党のくらしの提案をとともに、3人の子を育てる母親として、安倍改憲を絶対に許さず、9条を掲げての平和外交の日本へ。また、千葉県唯一の女性候補として、ジェンダー平等社会の実現を強く訴えました。
DSC02050.JPG
 続いて、比例代表のしいばかずゆき候補。働く人々、学生さんや高齢者の実態と声を紹介しつつ、安心の社会保障を。最低賃金を1500円に。大学・専門学校の授業料を半額にと、心を込めて訴えました。
DSC02054 (2).JPG
 あいにくの雨模様の中でしたが、聴衆は徐々に膨れ上がりました。
DSC02063 (2).JPG
 午前中の最後は、幕張のイトーヨーカドー前での訴えです。待っていると、時間通りに宣伝カーが到着します。宣伝カーの運行責任者(車長)は、花見川区の寺尾さとし前県議です。
DSC02068 (2).JPG
 浅野ふみ子候補は、車から降りるとさっそく集まってくれている方々と握手。すぐに、地元の中村きみえ市議の司会で、訴えが始まります。まずは、民主青年同盟千葉県委員長の吉田隆寛さんが応援の弁。浅野ふみ子候補、しいばかずゆき候補の順で、訴えました。しいばさんは、午後から神奈川、夕方からは、山梨で訴えるとのこと。
DSC02086 (2).JPG
DSC02090 (2).JPG
 若くなければ、とても務まらないのではないかと思いました。そういえば、ずらりと並んだスタッフがとにかく若い。宣伝カーの運転手も若い女性です。演説が終わると、その若い女性の運転で、次へと移動していきました。
DSC02094 (2).JPG