千葉選挙区・浅野ふみ子候補、花見川区では第3位

19.07.22

 昨日投票の参院選。日本共産党の浅野ふみ子さんの得票は、35万9854票で、第4位。惜しくも議席を逃しましたが、千葉県選挙管理委員会の開票結果によれば、花見川区では、日本共産党の浅野ふみ子さんが、当選した自民党現職を抑えて第3位でした。

 1万2866票を獲得。得票率19.22%は、行政区別では、全県トップでした。

 他に、定数3の千葉県選挙区で、浅野さんが3位に入った行政区が、同じ千葉市の緑区(14.94%)、美浜区(15.66%)、あるいは松戸市(17.60%)など、計10市に上りました。

 自民党現職を脅かし、安倍首相が県内に複数回、テコ入れに入らざるを得ないところまで追い込んだのは、「3分の2を野党で」との市民連合の呼びかけを始め、「市民と野党の共闘」の大きな成果ではないでしょうか。

 比例代表では、日本共産党は全県で21万8442票、得票率9.38%を獲得しました。政党別では、自民、立憲、公明に次ぐ4番目。5番目の維新には、得票で7万4229票、率では3.19ポイントの差をつけました。
DSC02471 (2).JPG
 日本共産党の獲得議席は7。改選議席の8には届かなかったものの、3年前の6議席を1つ上回りました。これから深められるであろう地方選挙を含めた総括の上に立って、未来に希望を開く党として、前進の歩みを進めたいものです。

残念!千葉選挙区浅野ふみ子候補届かず

19.07.21

 参院選の開票がまだ続いています。最終的な結果は、まだわかりませんが、千葉県選挙区では、残念ながら日本共産党の浅野ふみ子さんを当選させることができませんでした。

 NHKの速報を受けて、日本共産党千葉県委員会で、浅野ふみ子候補、比例代表候補のしいばかずゆきさんが記者会見を行いました。浮揚幸裕千葉県委員長が司会を務め、斉藤和子前衆議院議員、千葉県後援会長の私が同席しました。
DSC02450 (2).JPG   写真  左から、斎藤和子前衆議院議員、浮揚幸裕千葉県委員長、浅野ふみ子候補、しいばかずゆき候補、小松実。

 浅野ふみ子候補は、まだ票が開いてない段階で、コメントするのは難しいとしながら、選挙中確かな手ごたえを感じてきたと述べ、結果は悔しいが、今後も寄せられた期待に応えるために全力を尽くす、と語りました。

 比例代表のしいばかずゆき候補は、同様に当落もはっきりしない段階でしたが、日本共産党の政策への共感の広がりに確信を深めつつ、公約実現に全力を尽くす決意を述べました。
DSC02454.JPG
 記者会見には、テレビ局を含め、多くのマスコミ記者が参加しており、その数は、3年前の選挙のときとは大違いです。自民党現職と3議席目を争って、「接戦」「競り合い」「横一線」などの評価を受けてきた、その結果だと思います。

 各社からの質問に答えたあと、事務所に詰め掛けていた方々との懇談になりました。指名されて私も、「市民と野党の共闘」がこの3年の間に大きく発展して、「接戦」といわれる状況を生み出した、ここに希望がある、日本共産党の「統一戦線」という綱領の路線とも重なるこの運動をさらに広げ、強めていこう、との趣旨の発言をしました。

 最後に若者たちから、二人の候補者に花束が贈られました。ご支援いただいた皆さんに、心から感謝すると同時に、次のたたかいへ向けて、確かな一歩を踏み出していきたいと思います。
DSC02469 (2).JPG