さつきが丘の「納涼・ご苦労さん会」に参加しました

19.09.07

 さつきが丘(千葉市花見川区)の党と後援会による「納涼・ご苦労さん会」があり、参加してきました。

 第一部は、参議院比例候補として奮闘した しいばかずゆきさんの報告。今度の参議院選挙の意義・市民と野党の共闘の前進などをみずからの候補者としての体験を交えて、40分ほどだったでしょうか。
DSC02647 (3).JPG   写真   報告する参院比例候補として奮闘したしいばかずゆきさん
 休憩を挟んで第二部は、乾杯から。さつきが丘後援会長Tさんの音頭です。すぐに、駆けつけた浅野ふみ子さんから長めのごあいさつ。選挙中のエピソードにふれながら、次はなんとしても国会への決意が語られました。
DSC02648 (2).JPG   写真   参院千葉選挙区候補として奮闘した浅野ふみ子さん
 もりた真弓市議や寺尾さとし前県議のごあいさつもあるので、私は、ほんの一言だけにしました。

 例によって、テーブルの上は、ご馳走の山。手の込んだから揚げや驚くほどやわらかい鳥の煮物、ふだん食べたことのないような上品な野菜の煮つけ、いなりずしや海苔巻きも。ノンアルコールのビールを飲みながら、バクバクといただきました。
DSC02650 (2).JPG   写真   ひと言だけあいさつする小松実
 参加者の自己紹介では、大阪から転居されたという方をはじめ、初参加という方が何人かいらっしゃいました。うれしいことです。

 だいぶ時間が経過して、もうそろそろという頃になって、「小松さんの話を聞きたい」という声が出ました。場の雰囲気から、かなり抵抗したのですが、司会者の強引な紹介でやむなく立ち上がりました。

 統一戦線で政治を変えるというのが、日本共産党の綱領の立場だが、いまそれがようやく実現しかかっている。わくわくするような歴史の激動期を迎えている、という主旨を統一戦線の歴史や市民と野党の共闘の歴史にふれながら語りました。

 宴会の終了間際になって、呂律も怪しくなっているのに、それでも話を求め、喜んで聞いてくれる。何とありがたいことでしょうか。世の中を変えていきたいというこのまじめさ、真摯なエネルギーが、やがて必ず実る時が来るのだろうと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント