台風被害、地域の状況の確認や要望の聞き取り

19.09.14


 台風15号の被害からの復旧が遅れています。今日は、日本共産党の中村きみえ市議、花園支部のK支部長さんとともに、地域の被害状況の確認や要望の聞き取りを行いました。

 最初に訪ねたお宅では、屋根の一部が飛ばされて、ご近所の家の樋に穴をあけてしまったとのこと。見ると、外壁塗装をしたての真新しい樋に2か所、穴が開いています。その下の窓ガラスにあたっていたら、けが人が出ていたと、奥さんは語ります。話を聞きながら中村市議は、カバンから罹災証明の用紙を取り出し、とにかくこれを区役所へ、とアドバイス。さすがです。
DSC02695 (2).JPG   写真   住民の方から話を聞く、左から中村きみえ市議、地元のK支部長さん
 次のお宅では、玄関の庇の天板が落下、蛍光灯も電線でぶら下がっている状態。玄関ドアのわきのガラスも破損していました。「どこへ連絡しても、業者は手一杯で来てくれない」と、ご主人は途方に暮れた様子。「ここへ連絡すれば、無料で見積もりを出してくれますから」と中村市議。「えっ、そんなところがあるの?」とご主人。名刺に連絡先の電話番号を書いて渡します。「いやー、わざわざありがとうございました」ご主人の顔に笑みが浮かびました。
DSC02698 (2).JPG   写真   天板が落下、宙ぶらりんのままの蛍光灯  
 さらに移動して、急傾斜地下の住宅地へ。手の入っていない急傾斜地から、無秩序に育った竹や樹木が電線にかぶさっています。状況を確認しているところへ来合わせたご近所のご主人。K支部長さんとは顔見知りだったようで、急傾斜地に沿って危険な箇所や心配なところを案内し、住民の思いをぶつけます。ご主人は、町内会の方にも声をかけてくれました。話は、狭い道路の拡幅・整備にも及びます。
DSC02700.JPG   写真   電線に引っかかった竹。電線を押し曲げている。
 その他、中村市議のところへ寄せられた要望の現場を車で巡回しながら見て回りました。

 家へ帰ると、連れ合いががっくりと疲れた様子。自宅のマンション群の片づけボランティアに行ってきたのだとか。テレビで報道されるような大被害ではなくても、災害の後始末には、大きなエネルギーが必要です。