「平和・連帯の旅」その④、あこがれの桂林の風景を堪能

19.10.25

 治安維持法国賠同盟の「平和・連帯の旅」、最終日(18日)の桂林の報告が残っていました。

 山水画に描かれる桂林の風景にあこがれて、どれくらいの年月が経ったでしょうか。今回ようやく、訪れることができました。

 観光船での漓江下り。なんと所要時間が4時間半というから驚きです。船内は指定席。そこで昼食も出るのだとか。
DSC03161 (2).JPG
 落ち着いたら、3階のデッキへ。うすら寒いくらいのお天気でしたが、山水画の世界を味わうには、快晴よりこれくらいのほうがいいのだ、とのことでした。デッキで早速、記念撮影です。
DSC03166.JPG
 観光船の上で団体の記念撮影というのも、珍しいとは思いましたが、百戦錬磨の治安維持法国賠同盟の仲間に、怖いものはありません。
DSC03185.JPG
 一行のなかに、数年前にベトナム旅行で一緒だったIさんがいました。市民ランナーで、検見川の東大グランドに練習に来ていたとかで、私のポスターもよく見ていたとのことです。
DSC03192.JPG
 佳境にさしかかると、デッキは国際色豊かなカメラマンでにぎやかです。
DSC03212 (2).JPG
 20元の中国紙幣の裏側に印刷されているのが、この桂林の風景。ここだと思うところでシャッターを切りましたが、どうでしょうか。
DSC03230 (2).JPG
DSC03285 (2).JPG
 長い長い遊覧を終えて、陽朔埠頭というところで下船。そこの商店街を散策しました。おいしそうなものやどこにでもありそうな安いおもちゃも並んでいます。驚いたのは、ムカデを串にさして油で揚げたようなものが売ってました。やっぱりだれも買いませんでした。
DSC03240.JPG
 桂林市内のホテルに戻り、最後の晩餐は、ホテルのなかで。ここでも大阪府本部のSさんが、プロ顔負けの司会で絶妙なリード。全員が感想を述べあい、その合間にSさんの奥さんのオカリナの伴奏で歌い、添乗員のTさんやガイドの耿さんに感謝をささげ、最後は「ガンバロー」の大合唱でした。
DSC03277 (2).JPG
 終わってみれば、あっという間の旅でしたが、知らなかった大事なことを学び、あこがれの風景を楽しみ、なにより同行の仲間たちとの親交を大いに深めることができました。
それにしても、かなりハードな日程にもかかわらず、全員が元気に帰国出来ました。お世話になりました。