「市民アクション花見川」が今年最初の19行動


 今年最初の「安倍9条改憲NO!市民アクション花見川」の19行動。幕張のイトーヨーカドー前に、16人が集まりました。今日からは、「全国市民アクション」が呼びかけた「安倍9条改憲NO!改憲発議に反対する全国緊急署名」に取り組みます。
DSC03918 (2).JPG
 「3000万署名」にかわる新たな署名は、「1.安倍首相らがすすめる憲法9条などの改憲発議に反対します。」「2.憲法を生かし、平和・人権・民主主義、生活の向上が実現する社会をめざします。」という二つが請願項目。例によって、事務局長の相原さんから順に、交替でマイクで訴えます。
DSC03921 (2).JPG
 しばらくして、買い物帰りの青年が近づいてきました。「なにやってるんですか?共産党ですか?」というので、「安倍首相が、自分の手で改憲をやり遂げると、憲法違反の宣言をしている。改憲発議を許さないための署名です、共産党だけでなく、市民と野党が共同して取り組んでいます。今、お話しているのは市民ネットワーク千葉の方ですよ。」ざっとそんなお話をしました。

 非正規(雇用)ばっかりで、日本は貧乏になっている。軍事費を国民の暮らしに回すべきだ。アメリカ言いなりじゃないか。安倍も麻生も、坊ちゃん育ちの金持ちで、庶民の暮らしのことなんかわからない。志位さんあたりが首相になったらいいのに・・・。話が止まりません。住所は書きたくないんだよな、と渋りながら、それでも最後は署名をしてくれました。
DSC03925 (2).JPG   写真   駆けつけてさっそく訴える日本共産党の寺尾さとし前県議
 見れば、あっちでもこっちでも、署名する姿が。いつもより、足が止まります。新しい署名だからということなのか、市民と野党の共闘への信頼の強まりなのか。最終的に37筆が寄せられました。
DSC03929 (2).JPG
DSC03933 (2).JPG
 暴走政治を止めるのも、改憲にストップをかけるのも、野党共闘をさらに発展させるのも、この草の根の運動の力だ。寒さをこらえながら、そんな実感を持ちました。
DSC03934 (2).JPG