日本共産党発行の「新型コロナQ&A」パンフを渡しながら


 今日は午後から、日本共産党中村きみえ千葉市議の事務所へ。中務市議は、すでに午後から1ラウンド、地元をまわって2軒のお宅で「しんぶん赤旗」日曜版を購読してもらったとか。腰痛でコルセットを装着しながら、すこぶる元気です。

 事務所にいたTさんらに見送られて、さっそく「しんぶん赤旗」の読者拡大の行動へ。
DSC04126 (2).JPG
 中村議員の重そうなバッグの中には、千葉市が子どもの医療費について、8月から新たに薬局での窓口負担(通院1回、小学校3年生まで300円、4年生以上500円)を導入することを撤回させる署名などに加えて、わが治安維持法国賠同盟が取り組んでいる国会請願署名もちゃんと用意されています。ありがたいことです。

 訪問先では、署名のお願いをしながら、日本共産党が発行したパンフレット「新型コロナQ&A 健康・暮らし・子ども どう守る」を渡しながら対話。いつものことながら、訪問先のご家庭の様子を実によく把握しています。
DSC04125 (2).JPG
 パンフレットは、「どうやれば感染防げる?」から「『感染かも』と思ったら?」「検査にお金かかるの?」「賃金などの補償は?」「資金繰りどうすれば?」「文化への影響大きいが」「「新学期の開校は?」「勉強の遅れが心配」などなど、12ページにわたって、疑問や不安に答える内容です。

 購読を約束してくれたお宅では、ご主人が入所している介護施設のことが話題に。病院に入っていた時と比べると、圧倒的に人手不足で、職員のスキルにもかなりの落差があると、心配の声が寄せられます。

 例によって、行政の動きに精通している中村議員。的確に不安に答えつつ、議会での今後の取り組みについても約束しています。かけがえのない議席だと実感しつつ、身体が心配です。
>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント