不屈にたたかった先人たちに連帯して

 今日は月例の治安維持法国賠同盟千葉県本部の理事会。組織拡大や同盟運動の根幹である国会請願署名の推進、県本部の財政問題等について協議しました。同時に、今日も出席された県本部理事の藤田廣登さんの著書「時代の証言者 伊藤千代子」の映画化とその支援について、話し合いました。
DSC04099 (2).JPG
 「こころざしつつたふれし少女よ 新しき光のなかにおきておもはむ」
 「高き世をただめざす少女等ここにみれば 伊藤千代子がことぞかなしき」

 長野県立諏訪高女で、伊藤千代子を教えた歌人・土屋文明の歌です。伊藤千代子は、1929年9月、24歳の若さで亡くなりましたが、それから6年後、土屋文明が「某日某学園にて」と題して詠んだ六首のうちの二首です。

 1928年3月15日、昨日も書いた日本共産党とその支持者らへの大弾圧で、千代子も検挙され、特高らの野蛮な拷問ののち、市ヶ谷刑務所へと勾留されます。その直前、母方の祖母の実家で、姉妹のように育てられた岩波八千代さんに送った手紙が残されています。

 「一方では朝から晩まで働いても働いても飯の食えない多くの人々、一方では遊んで人を使ってぜいたくしている少数の人々――こういう社会を見て何の不思議もうたがいも起こらない人はありますまい。・・・・少なくともこれからこの社会に生き、この社会で仕事をしていこうとする青年男女にとって、真に真面目になって生きようとすればする程、この目の前にある不公平な社会をなんとかよりよいものにしようとする願はやむにやまれぬものとなってきます。」

 桂壮三郎監督の劇映画「伊藤千代子の生涯(仮)」をぜひ、成功させたいと思います。まずは、映画作りの資金です。千葉県本部として、まもなく、制作協力券(1000円)も発売する予定です。ぜひ、ご協力いただければと思います。

 理事会後、午後から、県本部や千葉市支部の役員ともども国会請願署名の依頼に、各種団体を回りました。黄色い署名用紙の束を渡し、署名の意義を伝えます。「小松さん、今の話を簡単にまとめて文書にしてくださいよ。そうすればやりやすい。」などとも言われ、それはそうかな?などとも思いながら、五時ころまで。

 ちょっと草臥れましたが、治安維持法下で不屈にたたかった先人たちに連帯し、その無念を晴らすとともに、共通するその命がけの願いをともに実現するために、ささやかな力を発揮しなければなりません。ぜひ、署名へのご協力もお願いします。