中村きみえ市議とともに「しんぶん赤旗」のお勧め

 「しんぶん赤旗」の読者を増やそうと中村きみえ市議の事務所へ出かけようとしたら、車のエンジンがかかりません。愛車は、先日の擦り傷の修理中。代車の軽自動車です。

 中村市議に連絡すると、すぐに愛車の修理をお願いしている業者さん(中村市議が懇意にしている業者さん)を案内して、駆けつけてくれました。バッテリーがあがっているとのことで、ものの1分もかからずにエンジン始動。助かりました。

 1時間はエンジンを切らないようにと言われて、その小さな車で地域を回ることにしました。

 訪問先では、新型コロナの話はもちろん、仕事の話から家族の話、相談事まで、中村市議が見事に対応していきます。行政の仕組みや現状を実によくつかんでいます。私はときどき、相槌を打つ程度。

 普段、なかなかお会いできないお宅にということで対話も長くなり、数多く回ることはできませんでしたが、それでも日曜版が1部増えました。うれしいことです。

 安倍政治が、国民の不安に応えるのではなく、コロナ禍を利用して、改憲や検察庁法の改定など、火事場泥棒的な姑息な政治に終始している今、コロナの問題をはじめ国民にとって必要な情報を伝え、政治・国会の報道はもちろん、諸団体や各地の住民のみなさんの運動を励まし、問題解決の道、まっとうな政治への道筋を示す「しんぶん赤旗」の果たす役割が、ますます重要になっています。