「めざそう!政権交代」千葉二区市民連合が世話人会


 今日は、千葉二区市民連合の世話人会。コロナで中止になったり、他団体の日程とぶつかったりで、久々の出席でした。

 各地域(習志野市・八千代市・千葉市花見川区)からの取り組みの報告の後、協議に入りました。
DSC04190 (2).JPG
 一つは、18日のJR津田沼駅南口での署名・宣伝行動について。参加政党や市民運動の団体、各行政区代表など、スピーチの予定を確認。横断幕やのぼり、署名用紙などの準備やコロナ対策などについて確認しました。
DSC04191 (2).JPG   18日の宣伝で配布するチラシの原案

 第二は、これが中心ですが、千葉二区市民連合の「政策要求」について。花見川区の相原さんの提案に基づいて協議しました。

 「政策要求(案)」は、「めざそう!政権交代」をメインスローガンに、前文と1.「平和・民主主義・外交」2.「暮らし・社会保障・教育」3.「エネルギー・環境・災害・カジノ」4.「地域社会の発展と持続」5.「政治改革」の五つの柱、24項目からなり、別途、「感染拡大の“第2波”に備え、国の新型コロナウイルス感染症対策の拡充を求める」との文書が添えられています。

 「前文」では、市民連合との13項目の政策合意や国会内での野党共闘の成果を踏まえ、共通政策を策定すること、安倍自公政権に代わる野党の政権構想を示すこと、すべての小選挙区での統一候補の擁立と選挙協力体制の確立、などを求めています。
DSC04192 (2).JPG   千葉二区市民連合の政策要求(案)の表紙

 「平和・民主主義・外交」では、安倍政権による憲法改定、とりわけ9条改定と緊急事態条項の創設に反対すること、辺野古新基地建設中止と普天間基地の早期返還、日米地位協定の見直し、オスプレイの木更津基地への配備撤回、等々6項目。

 「暮らし・社会保障・教育」では、消費税率の5%への減税や富裕層への課税見直しなど税制の構成・公平を図ること、最低賃金の地域格差の解消と時給1500円、暮らせる年金への改善、福祉労働者の給与の公務員並みへの改善、教職員の確保と労働条件の改善、子どもの貧困の解消、等々6項目。

 「エネルギー・環境・災害・カジノ」では、再生可能エネルギーを中心とした新しいエネルギー政策の確立と原発ゼロの実現、気候変動に対応するパリ協定の目標達成の行動計画確立、カジノ法(IR推進法、整備法)の廃止、等々4項目。

 「地域社会の発展と持続」では、中小企業のいくせいと振興策の抜本的強化、公立・公的病院の再編統合を促すリスト(全国440病院)の撤回、地産地消の再生可能エネルギーの開発支援、等々4項目。

 「政治改革」では、公文書管理規定の見直し、高級官僚の人事権を握る内閣人事局の見直し、小選挙区制に代わる選挙制度の検討、等々4項目。

 若干の補強を加えて、これで各党・各候補との懇談に臨みます。もちろん、二区の有権者のみなさんへの広報に努めます。そして、野党候補の一本化、候補者と二区市民連合の政策的合意をめざします。

 「秋にも総選挙」などという声も聞かれるようになりました。コロナ禍のもと、なかなか不自由な面がありますが、驕りのなかで腐りきった安倍政権にさよならを突きつける選挙にするために、微力を尽くしたいと思います。