地域まわりで愛車のエアコンが故障

 今日は午後から、日本共産党の中村きみえ市議とともに「しんぶん赤旗」ご購読のお願いなどで地域を回った。

 例によって、訪問先では各種の相談が寄せられる。今日も、日曜版を購読していただくことになったお宅で、雨の日の道路の冠水について、改善の要望があった。さっそく中村議員は現場の写真を撮り、当局へ伝えることを約束していた。とにかく仕事が早く、中途半端にしない。それが地域からの信頼につながっている。

 なんとか、日刊紙1部、日曜版2部を増やし、ほっとしたのも束の間。どうも愛車のエアコンがおかしい。風は出てくるものの、少しも冷たくない。そのうち暖かい風が出てきて、車内が湿気でべたつく。仕方なく、窓を開けて走った。幸い、昨日までの猛暑ではなくて助かった。

 帰りに、以前中村きみえ市議の紹介でお世話になったガソリンスタンドに寄って、みてもらった。少し預からないと、ということなので妻にスタンドまで迎えに来てもらった。

 入院となった愛車も、この11月で丸9年になる。これまで故障ということもなく、ずいぶん世話になったが、やはりくたびれてきているんだろうと思う。もう少し、頑張ってもらいたいものだ。