雨のなか、千葉2区市民連合が宣伝・署名行動

 今日は、市民と野党の共闘で「今こそ、政権交代!」と銘打っての千葉2区市民連合の宣伝・署名行動。前回に引き続き、雨に祟られた。

 しかし、中止の連絡はなく、JR津田沼駅の南口デッキへ。叩きつけるような雨のなか、すでに多くの仲間たちが参集していた。
DSC04377.JPG
 屋根のある連絡通路に避難して、各党からの連帯の挨拶。
DSC04386 (2).JPG
 日本共産党からは、寺尾さとし千葉2区予定候補・前県議が訴えた。寺尾さとしさんは、安倍首相の辞任は、病気が理由だが、政治の行き詰まりと国民の声に追い詰められてのものと指摘。しかし、改憲の野望を捨てていないし、様々な疑惑に答えようともしていない。総裁選が報じられているが、三人とも安倍政治の後継者。市民と野党の共闘による政権交代で、新しい政治をつくろうと呼びかけた。
DSC04382 (2).JPG
 他に、政党からは、立憲民主党千葉県第二区総支部長の黒田雄さん、新社会党中央本部副書記長の宮川敏一さん、れいわ新選組千葉9区総支部長の三井よしふみさん、市民ネットワーク千葉県政策調査室長の吉沢弘志さんらが訴え、また地元の新日本婦人の会、生活と健康を守る会の各代表らからの訴えもあった。
DSC04392 (2).JPG   あいさつをした各党代表。右から、日本共産党の寺尾さとしさん、立憲民主党の黒田ゆうさん、市民ネットワークの吉沢弘志さん、れいわ新選組の三井よしふみさん、新社会党の宮川敏一さん。

 皮肉なことに、千葉2区市民連合の共同代表大崎信さんが、閉会の挨拶を述べるころには、雨足もだいぶ衰えてきた。天気のせいもあって、参加は3自治体から30人ほどだったが、「市民と野党の共闘による政権交代」実現のため、さらに「千葉2区市民連合」の運動を強く大きく広げていきたい。