国賠同盟の活動や千葉2区市民連合からのお知らせ


 今日は、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟千葉県本部で、機関誌「不屈」の発送作業。いつもの「不屈」の中央版、県版に加え、今日は来年度の国会に提出する黄色い国会請願署名用紙と返信用封筒、10月18日の御宿霊園「房総のいしずえ」での合葬追悼会のお知らせなどを折り込んで、かなりの重量になった。

 午後からは、県本部の三役会議。今月28日に開催する県本部総会の準備を中心に協議した。小松敦事務局次長の奮闘で、立派な議案書案や決算、予算案の原案が用意され、ほぼ準備完了。会員名簿の整理と着実な会員の拡大、会計の整理と財政確立の見通しが立ったことなど、県本部の活動と組織、体制がだいぶ整ってきたことは、うれしい限りだ。

 さて、先日は千葉2区市民連合のJR津田沼駅での宣伝・署名行動について報告したが、その後の宣伝行動の予定が送られてきた。

 一つは、9月27日(日)11:00~12:00。イトーヨーカドー幕張店前(花見川区)。もう一つが、10月4日(日)午後2:00~3:00、東葉高速線八千代緑が丘駅デッキ。前回同様、野党各党にもスピーチの依頼をしている。
DSC04399 (2).JPG
 まだまだ厳しい暑さが予想されるが、ぜひ多くの皆さんにご参集いただき、「安倍政治の継続は許さない!」「市民と野党の共闘の勝利で政権交代を!」の声をともにあげていきたいと思う。