今年もH君から新米が届いた

 教え子のH君から、今年も新米が送られてきた。「ヒカリ新世紀」という銘柄で、これはH君が耕作地の土壌に合う品種を研究して選んだものだという。みずみずしく適度な粘り気があって、本当においしい。今年も、楽しみにいただこうと思う。
DSC04450 (2).JPG
 H君は園芸農家だが、自家用に稲作も手掛けている。H君のつくるクリスマスローズは、季節になると近隣のスーパーや農産物直売所などでも人気を博している。

 「いやー、長雨で田んぼが水につかって・・・・」「とうとう一枚の田んぼは、機械を入れられなくて、親戚の人たちに手伝ってもらって、人力で刈り入れをしたんです。たいへんでした。」受話器から、H君の元気な声が響く。

 H君も、もう50半ばになる。いつまでも忘れずに、本当にありがたいことだ。H君が丹精込めたお米を、今年も心していただくことにする。本当にありがとう。