不気味な数字、医療機関以外での死亡122人

 新型コロナウィルスに感染し、医療機関以外の自宅などで死亡した人が、昨年3~12月の間で122人にも上ることが明らかになった。とりわけ、12月には56人と急増しているとのことだ。7日付の「しんぶん赤旗」が報じた。

 12月の56人のうち、自宅や高齢者施設、療養先のホテルなどで死亡した人が50人。外出先の路上や店のトイレなどで死亡した人が6人だとのこと。

 警察庁のまとめということだが、なんとも不気味な数字だ。しかも、死後の検査で感染が判明した人が38人にもなるという。

 感染を自覚しないまま、自宅や外出先で突然命を絶たれる。年明けからの更なる爆発的な感染の拡大のなかで、おそらくそうした事例も急増しているのではないか。

 日本共産党は、早くからPCR検査の抜本的拡充を提案してきた。ほんの一部だが、テレビのモーニングショーなどでも、同様の主張が行われてきた。にもかかわらず、国は検査費用を出し惜しみ、人口当たりのPCR検査数は、世界で149番目という遅れだ。

 緊急事態宣言も、中途半端なものという感がぬぐえない。十分な補償をせずに罰則で対応しようとする。国の責任で抜本的に拡大強化すべきPCR検査も、自治体にその費用の半分を負担させる仕組みは相変わらずで、これが足かせになっている。

 国民の命を最優先にする政治に切り替えなければならない。その責任は、私たち自身にある。声をあげ続け、政治を動かし、選挙で決着をつけるしかない。