映画「伊藤千代子の生涯」(仮)の実行委員会準備会


 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の藤田廣登さんの著書「時代の証言者 伊藤千代子」を原作とする映画「伊藤千代子の生涯」(仮)の制作支援・上映運動を推進する実行委員会の準備会が、今日開かれた。

 1月に藤田廣登さんの講演会を主催した日本共産党や民主青年同盟、国民救援会、治安維持法国賠同盟が呼びかけた。千葉労連や年金者組合、AALA(アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会)の代表や個人、リモートも含めて15人が参加。多忙のなか、映画のメガホンを握る桂壮三郎監督や原作者の藤田廣登さんにも参加してもらった。
DSC05560 (2).JPG   司会をする小松敦さん

 国賠同盟事務局長の小松敦さんが司会。冒頭、私が主催者を代表する形であいさつし、続いて、参加者の紹介があり、映画「伊藤千代子の生涯」を紹介するDVDを視聴した。
DSC05563 (2).JPG   主催者あいさつをする小松実

 続いて、桂監督、藤田廣登さんからお話をいただいた。桂監督は、「独立プロの映画作りは、準備に時間がかかる」と、資金の問題や、加えてコロナ禍による困難を指摘。そのうえで、ロケハンティングやキャスティングが着実に進展していることなどを報告。秋には撮影に入り、来年3月の完成、5月ごろの公開という見通しを語った。
DSC05569 (2).JPG   台本の準備稿を手に映画制作の進行状況を報告する桂壮三郎監督

 藤田廣登さんは、伊藤千代子の事績を明らかにする意義や全国の取り組み状況を報告した。
DSC05570 (2).JPG   原作者の藤田廣登さん

 討論では、実行委員会の任務として、上映運動を担い、各地各分野の上映運動を調整・支援すること、運動を進めながら実行委員会をさらに拡大・充実させていくこと、実務を担当する事務局は、日本共産党・民青・救援会と国賠同盟の4団体が担当することなどを確認した。
DSC05574 (2).JPG   台本の準備稿

 次回、実行委員会立ち上げには、映画出演が決まっている元前進座の嵐圭史さんが来てくれることになった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント