結成40年、全国革新懇ニュースに各界から


 コロナ禍のもと、講演会等も見送られ、やや寂しい憲法記念日となった。しかし、そのもやもやした気分を振り払うかのように、「全国革新懇ニュース」が届いた。

 429号のそれは、「革新懇」40周年の特集号だった。結成は、1981年5月26日だったとリードにあった。一面には、各界からのお祝いのメッセージが紹介されていた。
DSC05581 (2).JPG
 先代の林家三平さんの奥さんで、林家正三さんと今の三平さんのお母さんの海老名香葉子さんは、「私は軍国少女でした。天皇陛下のためにと勤労奉仕をした。でも孤児になった私たちに、国は手を差し伸べてくれなかった。戦争で多くの国民が大変な思いをしたのです。」「戦争は絶対いけません。核兵器も原発もダメ。平和を希求する気持ちは革新懇と一緒です。」と書く。

 憲法学者の小林節さんは、「政治の使命は主権者国民を幸福にすることに尽きる。しかし、現実の政治は、権力の私物化が横行し、明らかにその使命に逆行している。」「革新懇の目的は、要するに日本国憲法を具体化することである。・・・・・・だから、今こそ革新懇の役割は重要である。」と語る。

 総がかり行動実行委員会共同代表の高田健さんは、40年前、政治変革のための共同行動は極めて困難な状況にあったが、そのなかでも革新懇が粘り強く共同のための努力・活動を続けてきたことを評価し、「その努力は、2014年、15年の「戦争法」に反対する全国的な運動の中で大きく実り、総がかり行動実行委員会や市民連合の誕生につながりました。」と述べる。そして今年はいよいよ「市民と立憲野党の共同の力による政権交代に結びつけることができるかどうかが問われる正念場です。頑張りましょう。」と訴える。

 安保関連法に反対するママの会発起人の西郷南海子さんも、「共闘づくりで革新懇のみなさんから学び元気をもらってきた」と振り返りながら「野党は『絶対に政権取るぞ。みんなを食わすぞ。』という本気のガッツを見せてほしい。私が生まれる前から続く革新懇運動がいっそう大きく活躍する姿にも期待しています。」とエールを送る。

 元自民党の沖縄県議会議長で、オール沖縄の前衆議院議員仲里利信さんは、「千葉で開かれた革新懇全国交流集会で、私のあいさつににも触れて、共産党の志位さんが“オール沖縄に学び、オールジャパンを”と言われたこと、それが現実の動きになってきたことが印象に強く残っています。」と語り、「これからも沖縄をよろしく」と訴える。

 「革新懇40年は、社会を変え、政治を変える力を大きく一つにまとめるという市民運動だったと思います。」と語るのは、東京大学名誉教授で市民連合呼びかけ人の広瀬清吾さん。「日本国憲法は、その大前提として人類社会の平和と福祉を掲げています。革新懇は市民運動の基盤として、市民連合と連携し、社会を変える市民の力を引き出してほしい」と期待を寄せている。

 それぞれの方が、この間の「市民と野党の共闘」の実践と前進、課題を見つめながら、革新懇40年、政権交代をめざす正念場の年に、含蓄の深い言葉で思いを語っておられる。「全国革新懇ニュース」をまだお読みでない方は、ぜひこの機会に!