日本弁護士政治連盟千葉県支部から浅野ふみ子候補に「推薦状」

16.06.27


 今日、浅野ふみ子事務所に「日本弁護士政治連盟千葉県支部」から「推薦状」が届きました。
画像

 「大変遅くなりました」と言って、事務所に入ってきたのは、同連盟理事の澤田仁史弁護士さん。カバンからいきなり「推薦状」を出されて驚きました。お互いに名刺を交換し(浅野ふみ子事務所長の名刺を元県議の小松敦さんがパソコンで作ってくれました)、「こんな貴重なものをありがとうございます。」と、丁重にお礼を述べました。

 日本弁護士政治連盟千葉県支部は、2014年3月27日に設立総会が開かれています。設立記念の懇親会には、日本共産党県議団にもご招待があり、私を含めて当時の4人の県議全員で参加しました。各党国会議員に続いて、突然でしたが、日本共産党を代表して私がご挨拶をしました。
画像

 同連盟千葉県支部の規約には、「日本弁護士連合会及び千葉県弁護士会の目的を達成するために必要な政治活動及び政治制度の研究を行う」ことを目的に「国民のための司法を実現するための諸事業」を行うことなどが列挙されていました。

 その千葉県支部が、日本共産党の浅野ふみ子候補を推薦してくれたのです。「推薦状」には、「第二十四回参議院議員選挙にあたり貴殿を候補者として最適任であると認め推薦いたします。」とありました。何とありがたいことでしょうか。

 国民の口をふさぐ秘密保護法、憲法を踏みにじっての安保関連法の強行、安倍政権の暴走に法曹会も黙ってはいられないということでしょう。期待に応えなければなりません。

"日本弁護士政治連盟千葉県支部から浅野ふみ子候補に「推薦状」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。