「市民連合・花見川区」が宣伝、「共闘」の道揺るがずに進む

17.10.02

 「共闘の道を最後まで」と、千葉2区市民連合・花見川区は、今日もJR新検見川駅北口で、宣伝行動を行いました。

 いろいろ手違いがあって、開始が遅れましたが、総勢25人ほどが集まり、「2区市民連合」の政策リーフなどを配り、それぞれの思いを訴えました。
画像

 「今度の解散は、『疑惑隠し』『党利党略』の大義なき解散。しかし同時に、安倍政権を打倒する絶好のチャンスでもある。」

 「『希望の党』は、安保法制容認、9条を含めた改憲推進の立場で、自民党と変わらない。」

 「民進党の解党・『希望の党』への合流は、公党間の合意、『市民連合』との合意に背くもの、しかし、共闘の道を進もうという議員・候補者・あるいはこれから作られる政党があれば、しっかり共闘を推進していく。」

 「日本共産党と社民党は、すでに20の選挙区で統一候補を決定した。『市民連合』は、『市民と野党の共闘』の大義を掲げて、この間、積み上げてきた『政策の合意』や『信頼関係』にたって、共闘の道を最後まで追求する。」
画像

 こもごもそんな訴えがあったように思います。マスコミの世論調査結果は、情勢を映して刻々変化しています。しかし、平和と民主主義、暮らしの向上を願う点では、「市民連合」の政策とほとんど一致するはずです。

 日本共産党と社民党、それに希望の党への合流をよしとしない勢力とともに「共闘」を再構築して、安倍暴走政権与党やその亜流勢力に必ず勝利していきたいと思います。

"「市民連合・花見川区」が宣伝、「共闘」の道揺るがずに進む" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。